Information

2020-01-01 09:59:00
あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

旧年中はたいへんお世話になりました。

本年も美味しい珈琲と素敵な音楽でお待ちしています。

どうぞよろしくお願いいたします。

  

なお4日から通常営業いたします。

2019-12-29 18:30:00
一年間ありがとうございました。

本年の営業は29日で終了いたしました。

一年間ご愛顧いただきありがとうございました。

勝手ながら12月30日から1月3日まで年末年始休業とさせていただきます。

新年は1月4日から営業いたします。

来年もよろしくお願いいたします。

2019-12-18 10:21:00

いつもご利用いただきありがとうございます。

年末は12月29日(日)まで営業し、年始は1月4日(土)から営業いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

2019-12-13 14:01:00
『村上 律&細井 豊 Live at CafeToRamona』のお知らせ

アーリー・タイムス・ストリングス・バンド、ラストショウの村上 律さんとセンチメンタル・シティ・ロマンスの細井 豊さんのお二人がカフェトラモナにやってきます。

アーリーの律さんとセンチの細井さんの組み合わせ、これまでになかった夢のようなジョイントです。来年の2月がたいへん楽しみです。お見逃しがないようお早めにご予約ください。お待ちしています。

 

◆2020 年 2 月 9 日(日)

open 16:00  start 17:00

3000円 + ドリンクオーダー

 

ご予約はカフェトラモナ(042-842-3488もしくはこちら)まで

2019-12-06 11:05:00
カフェトラモナ12月のおすすめレコード

カフェトラモナ12月のおすすめです。

 

上左:Rhiannon Giddens with Francesco Turrisi ‎/ There Is No Other(2019)

この春既にCDでリリースされていたリアノン・ギデンスの3rdアルバムがやっとアナログ盤で到着しました。今回はイタリア出身のジャズ・ピアニスト、フランチェスコ・トゥリッシとの二人だけのコラボレーション。基本的にはリアノンのミンストレル・バンジョーの弾き語りをフランチェスコがピアノ、アコーディオン、フレイム・ドラムなどでサポートするというシンプルなものですが、崇高かつ力強い歌声と演奏が繰り広げられています。

IMG_20191203_123653.jpg 

 

上右:Lankum ‎/ The Livelong Day(2019)

2月のおすすめレコードで紹介したライザ・オニールの『Heard A Long Gone Song』でライザと力強いデュエットを聴かせてくれたラディー・ピートを擁するダブリンのトラッド・バンドの3作目です。ランクムはライザ・オニールや先月のイェ・ヴァガボンズと同様にアイルランドにおける伝統的歌唱のリヴァイヴァルを継承する若手バンド。バンド名を著名なトラヴェラー・シンガー、ジョン・ライリーの唄う〈False Lankum〉から取ったということにも彼らの気概が感ぜられます。 

IMG_20191203_123922.jpg

 

下左:Jonah Tolchin / Fires For The Cold(2019)

ニュージャージー出身のSSW、ジョナー・トルチンの4thアルバム。アメリカのSSWでは本年のベストと思われます。詳しくはこちらの『Jonah Tolchin / Fires For The Cold』の項をご覧ください。

IMG_20191203_123817.jpg

 

下右:Shirley Collins / Lodestar(2016)

先日のDJ Hourで五郎さんも紹介していたシャーリー・コリンズが38年ぶりにリリースした2016年の作品。80歳を超えたシャーリーには透明感溢れるかつての歌声は望めませんが、齢を重ねて凄みをました現在の歌声にも格別の味わいがあります。元オイスター・バンドのイアン・キアリーのプロデュースで、イアンのほかアルビオン・モリス・メンのジョン・ワッチャム、ラトル・オン・ザ・ストーヴパイプのデイヴ・アーサーとピート・クーパー等が脇を固めます。1959年にシャーリー自身がフィールド録音したという〈Pretty Polly〉のオザーク・ヴァージョンやシャーリーにしては珍しいケイジャン・ソングが聴きものです。

IMG_20191203_124229.jpg

 

ご来店の際にリクエストしてください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...