Information

2019-08-12 16:49:00
IMG_20190812_133142.jpg

30年以上前からお付き合いをさせていただいている大分のCDショップ『タムボリン』さんから購入したCDが届きました。主にイングランドのトラッドですが、どれも素晴らしいので本サイトでご紹介させていただきます。左フレームの『Vinyl and so on』の〈arrival〉もしくはこちらからご覧ください。

 

なお、カフェトラモナではお薦めのレコード・CDを『Vinyl and so on』でご紹介していますが、新着は〈arrival〉で、過去の名盤は〈toramona's 99〉でご紹介しています。それぞれ〈arrival〉〈toramona's 99〉の文字列をクリックして、スクロールしながらご覧ください。

2019-08-11 10:04:00
朝野由彦 ~星と月のランデブー~.jpg

新作『星と月のランデブー』も好評な朝野由彦さん、カフェトラモナでのライブがいよいよ来週日曜日(8月18日)に迫りました。

 

朝野さんの生の歌声は東京でもなかなか聴くことができません。またO.A.の西島寛二さんも素晴らしいシンガーです。この機会をお見逃しなくお楽しみください。

 

◆2019年8月18日(日)

16:00 open 17:00 start

オープニングアクト:西島寛二

2500円 + ドリンクオーダー

 

ご予約はカフェトラモナ(042-842-3488もしくはこちら)まで

 

66293650_2305124646472605_1872024443002290176_n.jpg

2019-08-03 12:19:00
IMG_20190802_091938.jpg

新作『June Is Short, July Is Long』も好評なジェブ・ロイ・ニコルズは、ウェールズの片田舎で音楽を創造するかたわら、小説を書いたり、版画を制作したりもするアーティストです。

このたびトラモナにジェブ・ロイの版画が届きました。ジェブ・ロイの版画は開店前からの念願で、富山在住の旧友の手配で実現しました。

左がコルトレーンで右がニーナ・シモンです。どちらも2012年の『The Jeb Loy Nichols Special』のアナログ盤のジャケットに使われていましたが、刷りだされた色合いが少しジャケットと異なるようです。

ちなみにこのアルバムにはサンディ・デニーの版画も使用されていましたが、版を壊してしまったとのことです。

 

ジェブ・ロイ・ニコルズの音楽と一緒にお楽しみください。

 

IMG_20190802_083256.jpg IMG_20190802_083307.jpg

2019-08-03 11:31:00
IMG_20190803_093550.jpg

カフェトラモナ8月のおすすめです。

 

上左:Jeb Loy Nichols and The Westwood All-Stars / June Is Short, July Is Long(2019)

ウェールズ在住のアメリカのSSW、ジェブ・ロイ・ニコルズの12枚目のソロ作。今回はツアー・バンドにお馴染みのジェニファー・カーのキーボードとホーン・セクションを加えたバンドで録音に臨んでいます。オーガニックながらもキッチリとまとまった演奏に哀愁を帯びたソウルフルな歌声が映えますが、ジェイムス・テイラーと同様にジェブ・ロイはどこを切ってもジェブ・ロイ・ニコルズです。

 

上右:Townes Van Zandt ‎/ Sky Blue(2019)

テキサスのSSW タウンズ・ヴァン・ザントの生きていれば75歳になる誕生日(3月7日)の週にリリースされた1973年録音の新作です。これまで一度も発表されなかった新曲〈All I Need〉と〈Sky Blue〉を聴くことができます。

こちらのTownes Van Zandt『Sky Blue』の項もご覧ください。

 

下左:Everything but the Girl / Amplified Heart(1994、2019)

R・トンプソン、D・トンプソン、D・マタックス等が参加したEBTGの1994年作『Amplified Heart』が発売25周年を記念してアナログ化されました。あるようでなかったネオアコの人気デュオと英国フォーク界のオールド・スクールとの歴史的な邂逅を聴くことができます。

こちらのEverything but the Girl『Amplified Heart』の項もご覧ください。

 

下右:大滝詠一 / ナイアガラ・コンサート'83(2019)

3月にリリースされたCDのアナログ盤です。83年7月西武球場で行われたライヴの模様を記録したもので、81年の大ヒット作『ロング・バケイション』に次ぐ『イーチ・タイム』のお披露目ライヴの予定でしたが、アルバムの完成が遅れ『ロング・バケイション』からの選曲が中心になっています。アナログ盤では針を落とすとストリングスの演奏を待たずにあのクルーナーヴォイスをいきなり堪能することができます。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

 

IMG_20190803_093954.jpg IMG_20190708_091547.jpg

 

IMG_20190709_101357.jpg IMG_20190803_094056.jpg

2019-07-13 12:59:00
66293650_2305124646472605_1872024443002290176_n.jpg

昨年に引き続き朝野由彦さんが来る8月18日またトラモナで歌ってくれます。

 

朝野さんはベルウッド・レコードにソロ・アルバム『巡礼』のあるSSWで、1970年代の春一番コンサートには3回目の73年から最後の79年まで毎年出演されていました。特に79年のセンチメンタル・シティ・ロマンスをバックにしたパフォーマンスは圧巻で、9年間続いた名物コンサートの最後を飾るにふさわしいものでした。

 

その後2011年3月から再び歌い始め、2018年には傑作『星と月のランデブー』をリリースしています。昨年の東京ツアーでは最終日にトラモナにもお目見えし、村上律さんとのライブは好評を博しました。

 

オープニングアクトは西島寛二さん、今年も素晴らしい歌声をお楽しみください。

 

◆2019年8月18日(日)

16:00 open 17:00 start

オープニングアクト:西島寛二

2500円 + ドリンクオーダー

 

ご予約はカフェトラモナ(042-842-3488もしくはこちら)まで

 

IMG_20190713_132423.jpg IMG_20190713_132459.jpg

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...