Information

2021-06-09 11:53:00
70年代後半のFree Reed RecordsのようなリンカンシャーのOne Row RecordsからCDが届きました。

リヴィング・トラディション誌第137号の表紙を飾ったモッシー・クリスチャンのワン・ロウ・レコーズから頼んでおいたCDが届きました。

 

モッシー・クリスチャンは、ピート・コーやブライアン・ピーターズが注目するリンカンシャー州出身の若手ミュージシャン。フィドルだけでなくメロディオンやコンサティーナも能くし、ピーター・ベラミーやマイク・ウォータースンに影響された歌唱にも定評があります。

 

ワン・ロウ・レコーズはそのモッシーが運営するレーベルで、独自のリリースCDこそまだ2枚だけですが、今後は引退してしまったロッド・ストラドリングがかつて創設したミュージカル・トラディションズやヴェテラン・テープスに残された貴重なソース・レコーディングもリリースしていくという頼もしいレーベルです。

 

今回届いたのは、2019年の記念すべきレーベル第1作であるジム・エルドンとモッシー・クリスチャンの共演作『Fiddle Duets』と、昨年末にリリースされたレーベル第2作でモッシーのソロ・デビュー作『Come Nobles and Heroes』の2枚。どちらも70年代後半にリリースされたフリー・リードの諸作を想わせる超ド級のイングリッシュ・トラッドです。なお、共演者のジム・エルドンはタフティ・スウィフトの2nd『You'll Never Die For Love』に参加し、BBCのアンディ・カーショウがコンパイルした『More Great Moments of Vinyl History』にスプリングスティーンをフィドルで弾き語った〈Dancing in the Dark〉が収録されたという大層なシンガー/フィドラーです。

 

IMG_20210609_093917.jpg IMG_20210609_093541.jpg

 

IMG_20210609_093231.jpg IMG_20210609_110134.jpg

 

ご来店の際にリクエストしてください。

1