Information

2021-09-25 16:41:00
お客様から教えていただいたヘンリー・パーカーの『Silent Spring』が届きました。

九州のお客様、Mさんから"ジョナー・トルチンの『Fires for the Cold』と並ぶ名盤"と教えていただいたヘンリー・パーカーの『Silent Spring』が届きました。

 

ヘンリー・パーカーはウェスト・ヨークシャー出身のSSW/ギタリスト。幼い頃からブラック・サバスやスレイヤーなどハードロックやヘヴィメタを聴いて育ちましたが、リーズ大学在学中に出会ったバート・ヤンシュの1stアルバムがそれまでの音楽的嗜好を劇的にフォーク・ミュージックにシフトさせたとのこと。マイケル・チャップマン、ウィズ・ジョーンズ、ブリジット・セント・ジョン、ソフト・マシーンなどのサポート・ワークをしながら、ソロ活動を続け、この11月には2ndアルバムもリリースされる予定です。

 

レイチェル・カーソンの名著『沈黙の春』にインスパイアされた〈Silent Spring〉をタイトル曲にした本作は2019年のデビュー・アルバムで、プロデュースはピート・コーやスティーヴ・ティルストンで知られるデヴィッド・クリックモア。バックにはオーガスティン・ボスフィールド(ダブル・ベース)、ブレンダン・バチェ(ドラムス)、セオ・トラヴィス(フルート)等を配し、特にソフト・マシーンのセオによるフルートが要所要所で良い仕事をし、程よいアシッド感を醸しています。

 

生前のバートのライヴ・パフォーマンスには間に合わなかったようですが、本作ではかつてバートが取り上げたトラッド曲を2曲カヴァー。1曲は『Rosemary Lane』の〈Sylvie〉、もう1曲はペンタングル時代の〈Willie O Winsbury〉。バート・ヤンシュやジョン・レンボーンに通じる卓越したギターとボスフィールドのダブル・ベースのスリリングなアンサンブルがペンタングルを想わせますが、内省的な歌声はむしろニック・ドレイク。確かに近年稀にみるSSWアルバムの傑作です。(Mさんありがとう。)

 

蛇足ながらヘンリーの無人島レコードはウォータソンズの『A Yorkshire Garland』とのこと。頼もしい限りです。

  

Henry Parker – Silent Spring

Not On Label (Henry Parker self-released), 2019

 

A1. New Mantras 3:51

A2. Silent Spring 4:11

A3. False Guidance 4:35

A4. Sylvie 4:39

A5. Door Walk Blues 3:06

 

B1. Drive East 4:34

B2. Marbled Wren 4:38

B3. Days In A Dream 3:24

B4. Prospect Of Wealth 2:29

B5. Willie O Winsbury 5:16

 

Vinyl edition of 239

 

Henry Parker: Vocals, Guitars, Morris Drum

Augustin Bousfield: Double Bass, Harmonium

Brendan Bache: Drum Kit, Congas, Shaker

Theo Travis: Flute

David Crickmore: Fender Rhodes, Morris Drum

 

Produced and engineered by David Crickmore

Mastered by Neil Ferguson

 

All songs © Henry Parker 2019

All songs written by Henry Parker, except tracks A4 & B5, traditional arr. Henry Parker 

 

ご来店の際にリクエストしてください。

2021-08-29 21:28:00
カフェトラモナ9月のおすすめレコード

カフェトラモナ9月のおすすめです。

 

上左:David Wiffen / At The Bunkhouse Coffeehouse(Mapache Records, 2021)

IMG_20210828_174249.jpg

カナダのSSW、デヴィッド・ウィフェンがデビュー前の1965年公演先のヴァンクーヴァーで自主制作したアルバムの初リイシュー盤です。ライヴ録音ではなく、バンクハウス・コーヒーハウスの近くの小さなスタジオで3時間で録り終え、100枚ほどプレスしたとのこと。イアン・タイソンの〈Four Strong Winds〉で幕を開けるアルバムには自作曲の〈Slice Of Life〉を始め、1stアルバムではピアノ伴奏で唄われる〈Since I Fell For You〉のギター・ヴァージョン、英国出身のウィフェンらしくロニー・ドネガンのレパートリーから〈Times Are Getting Hard〉など全11曲。注目すべきはジェシ・コリン・ヤングが『The Soul Of A City Boy』で唄ったロビン・リメイリーの〈Four In The Morning〉。その後〈More Often Than Not〉〈Driving Wheel〉など名曲の数々を生み出すウィフェンの原点です。

 

上右:Cold Diamond & Mink / From Us To You...With Love(Timmion Records, 2021)

IMG_20210828_174058.jpg

ジェブ・ロイ・ニコルズとコールド・ダイアモンド&ミンクとの組み合わせによるジェブ・ロイの新作『Jeb Loy』は、ソウル・ミュージックへの揺るぎないリスペクトを持つ2組のミュージシャンたちが出会うべくして出会い生まれた傑作でした。近年心あるソウル・ファンの衆目を集めるフィンランドのレーベル、ティミオン・レコーズのハウス・バンド、コールド・ダイアモンド&ミンクの2ndは『Jeb Loy』のインスト集。ジェブ・ロイの歌声で聴き馴染んだメロディが『Jeb Loy』と同じ順で並び、ユッカ・サラッパ(Drums)とサミ・カンテリネン(Bass)の鉄壁のリズム・セクションをバックにセッポ・サルミのギターが自在に唄います。

 

下左:Steve Dawson's Funeral Bonsai Wedding / Last Flight Out(Kernel Sound Recordings, 2020)

IMG_20210828_174033.jpg

スティーヴ・ドーソンはシカゴを拠点に活躍するフォーク・ロック・バンド、ドリー・ヴァーデンのフロントマン。新作の『At The Bottom Of A Canyon In The Branches Of Tree』がリリースされたばかりですが、こちらは2014年に立ち上げた別プロジェクトのフューネラル・ボンサイ・ウェディングによる昨年の2nd。ドーソンのアコースティック・ギター弾き語りと、シカゴのジャズ・ヴィブラフォン奏者ジェイソン・アダシェヴィッツのトリオとのコラボに、本作ではカルテット・パラプリュイによる弦楽四重奏が加わり、カントリー・ソウルな歌声に纏わりつくヴァイブやストリングスの音の重なりはクールでいてスリリングです。

 

下右:Various Artists ‎/ Migrating Bird - The Songs of Lal Waterson(Honest Jon's Records, 2007)

IMG_20210829_102207.jpg

ラル・ウォーターソンのトリビュート盤と云えばディック・ゴーハンやマーティン・カーシーなど英国フォーク界の重鎮たちが参加したトピックの『Shining Bright』が想い起されその圧倒的な出来に納得させられますが、Honest Jon'sの6曲入りEP盤は意外性の一枚。アラスデア・ロバーツやナンシー・エリザベス、ジェイムズ・ヨークストンなどは未だしもヴィクトリア・ウィリアムスやマイケル・ハーレーの米国勢が参加し、同時リリースのCDには嬉しい驚きのジェブ・ロイ・ニコルズも。大丈夫かと思いきや各々の個性に合わせた抜群の選曲で実にしっくりした歌声を聴かせてくれます。トラッドや英国フォークの枠の中で捉えがちなラルの音楽的な多様性に思い至るアルバムです。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

2021-08-28 09:56:00
マリー・ウォーターソンとオリヴァー・ナイトの『The Days That Shaped Me』がリリース10周年を記念してアナログ化されました。

Marry Waterson & Oliver Knight / The Days That Shaped Me (10th anniversary RSD reissue)(2021)

マリー・ウォーターソンとオリヴァー・ナイトのデビュー・アルバム『The Days That Shaped Me』がリリースされたのは2011年の春。ブリティッシュ・フォークの金字塔的名盤と評されたそのアルバムがリリース10周年を記念してレコード・ストア・デイのアイテムとしてアナログ化されました。真っ赤なレコードの2枚組で、A、Bの両面とC面の前半にオリジナルの14曲が、C面後半とD面にはアンディ・カッティングとオリヴァーによるインストを含む7曲のボーナス・トラックが収録されています。極めつけはラル・ウォーターソンの名曲〈Fine Horseman〉のカヴァーでしょう。この9月4日に24回目の命日を迎える母親の偉大な遺志を二人の姉と弟が確りと受け継いでいるのが分かります。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

IMG_20210827_144805.jpg IMG_20210827_105954.jpg

2021-08-23 16:47:00
スティーヴ・ドーソンのフューネラル・ボンサイ・ウェディングの2ndが届きました。

Steve Dawson's Funeral Bonsai Wedding ‎/ Last Flight Out(Kernel Sound Recordings, 2020)

スティーヴ・ドーソンはシカゴを拠点に活躍するフォーク・ロック・バンド、ドリー・ヴァーデンのフロントマンで、2003年に奥方のダイアン・クリスチャンセンとリリースした『Duets』は、もしブラックホークの99選が編み直されるとしたら是非入れたいほどの傑作でした。新作の『At The Bottom Of A Canyon In The Branches Of Tree』がリリースされたばかりですが、本作は2014年に立ち上げた別プロジェクト、フューネラル・ボンサイ・ウェディングによる昨年の2ndです。

 

フューネラル・ボンサイ・ウェディングはドーソンのアコースティック・ギター弾き語りと、シカゴのジャズ・ヴィブラフォン奏者ジェイソン・アダシェヴィッツのトリオとのコラボレーション。1stリリース時にはジョン・マーティンの『Solid Air』やヴァン・モリソンの『Astral Weeks』が引き合いに出されレビューされていました。更に本作ではカルテット・パラプリュイによる弦楽四重奏が加わり、カントリー・ソウルな歌声に纏わりつくヴァイブやストリングスの音の重なりはクールでいてスリリングです。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

IMG_20210823_171632.jpg IMG_20210823_171341.jpg

 

2021-07-28 08:44:00
カフェトラモナ8月のおすすめレコード

カフェトラモナ8月のおすすめです。

 

上左:Lucinda Williams / Southern Soul - From Memphis To Muscle Shoals & More(Highway 20 Records, 2021)

IMG_20210728_090522.jpg

ルシンダの新作は昨年12月に配信リリースされた「Lu's Jukebox」シリーズのフィジカル化第2弾。トム・ペティのトリビュートに続くサザン・ソウルのカヴァー集です。トニー・ジョー・ホワイトやダン・ペン&スプナー・オールダムの曲は勿論のこと、〈I Can't Stand The Rain〉〈Take Me To The River〉〈Misty Blue〉などハイやマラコまで数々の名曲がルーズでざらついたルシンダ流のスワンプ・ロックに仕上がっています。そして最後に『Car Wheels On A Gravel Road』でデュエイン・ジャーヴィスと共作した〈I Still Long For Your Kiss〉で締め括られる本作は、ドニー・フリッツの2ndにおける〈Breakfast In Bed〉でのフリッツとのデュエットに魅せられたファン待望のアルバムです。

 

上右:Tony Joe White / Smoke From The Chimney(Easy Eye Sound, 2021)

IMG_20210728_090703.jpg

ジャケットの写真でモニュメント時代のコンピかと思い込んでいたためすっかりスルーしてしまったトニー・ジョー・ホワイトの新作。実はトニー・ジョーが生前録り溜めていた未発表のアナログ音源を息子のジョディ・ホワイトが整理、デジタル化し、ブラック・キーズのダン・オーバックがオーヴァーダビングを施し完成させたもの。メンフィスはアメリカン・スタジオのボビー・ウッドやジーン・クリスマン、ナッシュヴィルの名ギタリスト、ビリー・サンフォードなどの好演をバックに、トニー・ジョーの在りし日の歌声が生き生きと蘇ります。云ってみればジョディやオーバックによる新手のトリビュート・アルバムなのでしょう。

 

下左:M.G. Boulter / Clifftown(Hudson Records, 2021)

IMG_20210728_091033.jpg

M・G・ボールターは英国エセックス出身のSSW。プロコル・ハルムやドクター・フィールグッドを輩出したサウスエンド=オン=シーのロック・シーンでキャリアをスタートさせ、カントリー・ロック・バンドのラッキー・ストライクスのフロントマンとしてだけでなく、エディンバラのブルー・ローズ・コードやエミリー・ポートマンのコラクル・バンドにも参加し、ソロ・アルバムも本作で3枚目。プロデューサーのアンディ・ベルとの出会いがSSWとしての成功に導いたようで、少年時代を過ごしたサウスエンド=オン=シーとよく似た架空の街「クリフタウン」を構想し、ジャケットに写されたような鄙びた海辺の街の物語を唄っています。ベロウヘッドのピート・フラッドやサム・スウィニー、ファロウ・コレクティヴのルーシー・ファレルも参加した傑作です。

 

下右:Derroll Adams ‎/ Banjo Troubadour A Live Recording(Starman Records, 2015)

IMG_20210728_090727.jpg

1957年2月相棒のランブリン・ジャック・エリオットと一緒に渡欧したデロール・アダムスは、ジャックが帰国した後もベルギーに留まり、ヨーロッパの地で音楽活動を続けました。2000年アントワープでその生涯を閉じるまでにトピックの10インチ『The Rambling Boys』を皮切りにジャック・エリオットと3枚、ソロ作は4枚のスタジオ・アルバムとライヴ・アルバムを1枚残しています。本作は死後発掘された2枚のライヴ盤のうちの1枚で、ベルギーのナショナル・ラジオが1973年と1980年にレコーディングした音源を一枚に纏めたもの。〈Rich & Rambling Boy〉〈The Sky〉〈Columbus Georgia〉など滋味あふれる暖かなバリトン・ヴォイスのバンジョー弾き語りが何時もながら心に染み渡ります。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...