Information

2022-07-31 13:24:00
カフェトラモナ8月のおすすめレコード

カフェトラモナ8月のおすすめです。

 

上左:Mama's Broke / Narrow Line(Free Dirt Records, 2022)

IMG_0205.JPG

リサ・マリアとエイミー・ルウ・キーラーのママズ・ブロークはノバスコシア州ハリファックスのフォーク・デュオで、本作はセルフ・リリースの『Count The Wicked』に続く2ndアルバムになります。主にギターとバンジョーのエイミー・ルウがリードを唄い、マルチ奏者のリサ・マリアがフィドルやマンドリンでバックアップ。数曲でベースとドブロの客演があるほか全て2人でスリリングかつ美しい演奏と歌声を聴かせます。インストを含め全曲がオリジナルで、地元ノバスコシアは勿論のこと、英国やアパラチア、遠くは東ヨーロッパのトラディショナル・ミュージックの色濃い影響はボーダーなきフォークと云われる所以です。共同プロデュースがあのビル・ギャレットというのもカナダのSSWファンにとって嬉しい驚きです。

 

上右:Karen Dalton / Shuckin' Sugar(Delmore Recording Society, 2022)

IMG_0207.JPG

この春RSDのアイテムとしてリリースされたカレン・ダルトンの未発表音源集。今回発掘されたのは『Cotton Eyed Joe』の翌年1963年1月のコロラド州ボルダーのフォーク・クラブThe Atticのライヴ音源(1曲のみ64年2月9日コロラド大学で開催されたC.O.R.E.人種平等会議のための慈善コンサートから)で、パートナーのリチャード・タッカーとのデュエットが聴けるトラックが5曲含まれています。トラディショナル中心の選曲で、フレッド・ニールやティム・ハーディンなどのカヴァーはありませんが、デイヴ・ヴァン・ロンクやジム・クウェスキンも唄ったスタッフ・スミスの〈If You're A Viper〉やE・C・ボールのゴスペル曲〈When I Get Home〉などこれまでカレンの歌声で聴くことのできなかった楽曲が6曲収録されています。

 

下左:Leyla McCalla / Breaking The Thermometer(Anti-, 2022)

IMG_0204.JPG

キャロライナ・チョコレート・ドロップスやアワ・ネイティヴ・ドーターズのメンバーだったレイラ・マッカラの4枚目のソロ作。ハイチに出自を持つレイラが、2000年にジャーナリストで社主のジャン・ドミニクが暗殺されたラジオ・ハイチのアーカイブにインスパイアされて出来上がった、レイラ個人の物語、ラジオ・ハイチの物語、そしてハイチとアメリカの関係の物語を唄ったアルバムです。自作曲やハイチの伝統曲がクレオール語で唄われるなか、カエターノ・ヴェローゾが亡命中のロンドンで録音した〈You Don't Know Me〉が唄われるのが頗る印象的です。

 

下右:Nathan Salsburg / Affirmed(No Quarter, 2011)

IMG_0206.JPG

先月ヘブライ語で詩篇を唄った最新作『Psalms』を紹介したネイサン・サルスバーグのソロ1stです。全8曲中7曲がジョン・フェイヒーやバート・ヤンシュ、ニック・ジョーンズなどの影響を窺わせるフィンガー・スタイルのオリジナル・インスト曲。残る1曲はかつてシャーリー・コリンズが唄い、アラン・ロマックスが録音したトラッド曲〈False True Love〉。ここでネイサンはメイデン・ラジオのジュリア・パーセルをコーラスに従え、朴訥乍らも存在感のある歌声を披露してくれます。2ndでもアーチー・フィッシャー1曲と出し惜しみ(?)のネイサンですが、ジョン・スミス『Hummingbird』クラスのトラッド弾き語りアルバムが欲しいところです。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

2022-07-01 14:21:00
カフェトラモナ7月のおすすめレコード

カフェトラモナ7月のおすすめです。

 

上左:Joan Shelley / The Spur(No Quarter, 2022)

IMG_0110.JPG

米国はケンタッキーにあってその佇まいがサンディ・デニーを想わせるジョーン・シェリーの新作。旅先のレイキャビクで地元のミュージシャン達と録った『Like The River Loves The Sea』から3年、ケンタッキーに戻って久々のスタジオ録音です。ベーシック・トラックを夫君のネイサン・サルスバーグと二人で録り、ジェイムズ・エルキントンのプロデュースのもと、ストリングスやブラスなど追加のトラックをダビングし、ビル・キャラハンやメグ・ベアードのヴォーカルはリモートでレコーディングしたようです。レナード・コーエンの〈You Want It Darker〉を引用した〈When The Light Is Dying〉、アンサンクスやカリン・ポルワートにでも唄わせたいトラッドライクな〈Between Rock & Sky〉など聴きどころ満載です。

 

上右:Nathan Salsburg / תהלים = Psalms(No Quarter, 2021)

IMG_0111.JPG

ジョーン・シェリーのギタリストのほか、シャーリー・コリンズ『Heart's Ease』での客演、アラン・ロマックス『Root Hog Or Die』などのライナーでトラモナでもお馴染みのネイサン・サルスバーグですが、ソロ作のコレクションはこれが初めて。昨年夏にリリースされた4枚目のソロ・アルバムになります。旧約聖書に収められた「詩篇」(サーム)に曲を付け、ヘブライ語で唄った意欲作で、ジェイムズ・エルキントンやジョーン・シェリー、ウィル・オールダムなどいつものメンバーにサポートされていますが、特にヘブライ語の歌唱指導などイスラエルのSSW、Noa Babayofの貢献が大きかったようです。制作にあたって心がけたように心地の良いアルバムになりました。

 

下左:Sandy Denny / Early Home Recordings(Earth, 2022)

IMG_0112.JPG

フェアポート加入前のサンディ・デニーのホーム・デモは80年代の終わり頃から豪ファンクラブ発行のカセット・テープなどで少しずつ紹介されてきましたが、決定打となったのは2010年11月アイランドからリリースされた19枚組CDボックス『Sandy Denny Box Set』でした。19枚中8枚が未発表音源で、ホーム・デモは〈Who Knows Where the Time Goes?〉の2つのバージョンを含む27曲が収録されていました。本作はその27曲を網羅した2枚組アナログ盤で、ホーム・デモ単独でのリリースは初めてになります。アン・ブリッグス作の〈The Time Has Come〉と〈Go Your Own Way My Love〉のほか、トラッドの〈She Moves Through The Fair〉や〈Let No Man Steal Your Thyme〉も唄われていますが、どちらもエジンバラ・フォーク・フェスティバルのライヴ・アルバムにアンの歌唱が収録されている楽曲。偶然ではないでしょう。

 

下右:Eoghan Ó Ceannabháin & Ultan O'Brien / Solas an Lae - The Light of the Day(Watercolour Music, 2020)

IMG_0113.JPG

Eoghan Ó Ceannabháinはアイルランド・コネマラ出身のゲーリック・シンガー。2015年にスコットランドのメアリー・アン・ケネディが招集したAon Teangaの一員で、ダブリンのトラッド・バンド、スキッパーズ・アレイの初期のメンバーでした。相棒のUltan O'Brienはそのスキッパーズ・アレイで今でも活躍するフィドラーで、お互いバンド仲間でもあります。既にデータ配信はされてはいたもののフィジカルのアナログ盤がリリースされ届いたのがこの春。歌声とフィドルのアルバムは圧巻で、予約から1年以上待たされた甲斐があるというものです。Treasa Ní Mhiolláinの歌声をサンプリングした〈Cuirt Bhaile Nua〉など鬼気迫るトラックが並んでいます。

 

ご来店の際にリクエストしてください。 

2022-06-30 16:25:00

7月15日(金)は都合により臨時休業させていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

2022-05-31 18:49:00
カフェトラモナ6月のおすすめレコード

カフェトラモナ6月のおすすめです。

 

上左:Ye Vagabonds / Nine Waves(River Lea Records, 2022)

 IMG_0026.JPG

リヴァー・リー・レコーズからの新譜はイェ・ヴァガボンズの3rdアルバム。前作のEP『I'm a Rover/The Bothy Lads』同様ジョン・マーフィーのプロデュースで、ダブリンのヘルファイア・スタジオで録られています。カーロウ出身でダブリンを拠点に活躍するディアメドとブライアンのマク・グローイン兄弟ですが、ドニゴールのアランモア島に母方のルーツを持ち、これまで島の伝説的シンガー、ローシャ・ナ・ナウラーンのレパートリーを数多く取り上げてきました。今回も終盤で彼女の〈Máire Bhán〉を唄っていますが、自作曲の〈Blue Is the Eye〉では生前のローシャを知る古老のアンドリュー・アーリーの死を悼み、島の伝統に敬意を表しています。クラッシュ・アンサンブルのケイト・エリスとカイミン・ギルモアも参加。チェロとダブル・ベースで不可思議なサウンドスケープを作り、トラディショナルな歌声を際立てています。

 

上右:Andy Irvine, Paul Brady / Andy Irvine, Paul Brady(Compass Records, 2022)

IMG_0022.JPG

後進に多大な影響を与えたアンディ・アーヴァインとポール・ブレディによる歴史的名盤のリイシューです。オリジナルはアンディとポールにドーナル・ラニーとケヴィン・バークが加わった4人で録音され、1976年の暮れにアイルランドのマリガンからリリースされました。今回コンパス・レコードによりオリジナル・アナログ・テープからリマスタリングされ、リイシューされています。ディランがこのアルバムに収録されているポールのヴァージョンで〈Arthur McBride〉をレコーディングしたのは有名な話ですが、イェ・ヴァガボンズのブライアンも母親の車にあったこのCDを聴いてアンディ・アーヴァインのファンになり、トラッドを唄うようになったとか。"パープル・アルバム"にちなんだ紫色のレコードです。

 

下左:Joni Mitchell / Blue Highlights(Rhino Records, 2022)

IMG_0020.JPG

昨年リリースされた『アーカイヴスVol.2:リプリーズ・イヤーズ』から名盤『ブルー』関連の音源を集めたコンピレーション。A面には〈A Case Of You〉〈California〉のデモやブルー・セッションからボツになった〈Hunter〉、ストリングス付きの〈Urge For Going〉、〈River〉のフレンチ・ホルン・ヴァージョンなどを、B面にはブートレッグで聴き馴染んだBBCのライブ音源から〈My Old Man〉〈Carey〉〈A Case Of You〉〈California〉を収録しています。いつ聴いてもジョニのマウンテン・ダルシマーとJTのギブソンJ-50のコンビネーションは最強ですね。この春レコード・ストア・デイ用のアイテムとしてリリースされ、マネージャーだったエリオット・ロバーツに捧げられています。

 

下右:Taj Mahal & Ry Cooder / Get On Board ‎– The Songs Of Sonny Terry & Brownie McGhee(Nonesuch, 2022)

IMG_0018.JPG

タジ・マハールとライ・クーダーが初めて出会ったのはロサンゼルスのアッシュ・グローヴ。1964年のことでタジが22歳、ライが17歳だったそうです。のちにライジング・サンズを結成しますが、最後の録音はタジの1stソロ作で1968年。なので54年ぶりの一緒のレコーディングです。タジとライのほかホアキム・クーダーの3人で録られた本作はアッシュ・グローヴ時代に憧れ、今でも敬愛するサニー・テリー&ブラウニー・マギーのトリビュート・アルバム。ハーモニカでバックアップするためタジがリードを唄うのは11曲中2曲のみ、殆どの曲でライがリード・ヴォーカルを取っています。タジのブルース・ピアノでライが唄う〈Deep Sea Diver〉やライのアコースティック・スライドが素晴らしい〈Pawn Shop Blues〉など聴きどころ満載の聴けば聴くほど素晴らしさが伝わる傑作です。タイトルとジャケットはサニー&ブラウニーが1952年にフォークウェイズからリリースした10インチへのオマージュ。また3人お揃いの白いハットはタジの1stへの表敬でしょうか。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

2022-04-30 16:44:00
カフェトラモナ5月のおすすめレコード

カフェトラモナ5月のおすすめです。

 

上左:Various Artists / Fire Draw Near - An Anthology of Irish Traditional Song and Music(River Lea Records, 2021)

IMG_20220430_161951.jpg

リザ・オニールやイェ・ヴァガボンズを輩出したラフ・トレード傘下のリヴァー・リー、その最新作は副題のとおりアイルランドの伝統音楽のアンソロジー。1947年から2013年までの66年間に録音された歴史的音源の中からダブリンで活躍するランカムのイアン・リンチがコンパイルしています。最も古い録音のジョニー・ドーランはパディ・キーナンやデイヴィ・スピラーン等に多大な影響を与えたイーリアン・パイパー。唯一の録音からリールのメドレーが収録されています。またメアリー・ドーランの〈When I Was on Horseback〉はスティーライ・スパンがお手本にしたもの。当時トピックのアンソロジーに収録されていましたが、CD化も配信もされておらず、曲自体も『The Voice of the People』シリーズにも収録されていないので久々のお目見えです。そんなアンソロジーのリリースも現在アイルランドのフォーク・ミュージック・シーンが活況を呈しているからこそ。ラフ・トレードのジェフ・トラヴィスも70年代初期以来のことと云っています。

 

上右:Jim Moray / The Outlander(Managed Decline Records, 2019)

IMG_20220430_162208.jpg

The Elizabethan Sessionのジム・モレイは「21世紀のイングランドのフォーク界を牽引する存在」。ただどのアルバムも少し大仰になってしまいトラモナでの評価はあまり高くありませんでした。が、この最新作は傑作。サム・スウィーニーやトム・ムーア、ジャック・ラターなど手練れのミュージシャンによるバックアップを見事にコントロールし、ジムは自らの弾き語りを際立てます。M・カーシーやN・ジョーンズが築いたギターでバラッドを唄うと云う方法論を継承し、さらに発展させています。ジョシエンヌ・クラークと素晴らしいデュエットを聴かせる〈Lord Gregory 〉はマディ・プライアやキャサリン・ウィリアムズの歌唱から学んだとのこと。その他スティーヴ・ターナーやクリス・フォスターのレコードにソースを求めるなど今どきで親近感が湧きます。

 

下左:Jackson Lynch / All By My Ownsome(Jalopy Records, 2021)

IMG_20220430_162030.jpg

ブルックリンのストリング・バンド、ダウン・ヒル・ストラグラーズやニューオーリンズのガレージ・ゴスペル・バンド、ジャクソン&ザ・ジャンクスで活躍するジャクソン・リンチの1stソロ・アルバム。アイルランドで生まれたジャクソンは幼い頃にイーストビレッジに移り住み、メイヨー州に残った祖父はアイリッシュ・フィドラーだったとか。今回は祖父さん譲りの弓捌きは封印し、アンプに繋げたセミアコで自作曲を5曲、伝統的なフォークやブルース、ゴスペルなどを5曲弾き語っています。1曲目のジョシュ・ホワイトの〈In My Time of Dying〉と最後のロニー・ジョンソンの〈Tomorrow Night〉は意図的でしょうか、どちらもディランが唄ったもの。またレオニ・エヴァンスの〈Thanks〉はニューオーリンズ時代の成果でしょう。

 

下右:Roscoe Holcomb / The Old Church(Jalopy Records, Mississippi Records, 2021)

IMG_20220430_162046.jpg

1972年ロスコー・ホルコムはケンタッキー州の故郷を離れ、マイク・シーガーと西海岸ツアーを行います。2015年にトンプキンス・スクエアからリリースされた1972年のサン・ディエゴ・ステイト・フォーク・フェスティヴァルでのライブ盤もその一環と思われますが、本作はポートランドの古い教会でのパフォーマンスが収められたツアー音源。失われたと考えられていたテープが地元のラジオ局で発見され50年振りに日の目を見たことになります。圧巻はアカペラで唄われる〈The Village Churchyard〉。8分に及ぶこの讃美歌はオリジナル・アルバムでは1975年の『Close To Home』に収録され、その時も1972年のケンブリッジでのライブ・パフォーマンスでした。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...