Information

2020-03-31 11:42:00
4月5日『やぎたこ at Cafe ToRamona Vol.2』延期のお知らせ

4月5日に予定していた『やぎたこ at Cafe ToRamona Vol.2』は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため延期させていただきます。

 

楽しみにされていたお客様ややぎたこさんには大変ご迷惑をおかけしますが、収束後改めて日程を調整し、ライブを企画いたしますのでよろしくお願いいたします。

2020-03-15 18:21:00
『旅に倦むことなし アンディ・アーヴァインうたの世界』の販売のお知らせ

このたび山口県岩国市のヒマールさんから刊行される『NEVER TIRE OF THE ROAD 旅に倦(う)むことなし アンディ・アーヴァインうたの世界』をトラモナでも取り扱えることになりました。

 

アンディ・アーヴァインはスウィーニーズ・メンやプランクシティなどで知られるアイルランド屈指のリヴァイヴァリスト。シンガー・ソングライターとしても活躍し、〈The West Coast Of Clare〉〈Autumn Gold〉〈My Heart's Tonight In Ireland〉など数多くの名曲を書き残しています。

 

『旅に倦むことなし アンディ・アーヴァインうたの世界』は数多いアンディのレパートリーの中から自作曲11曲、トラッド曲10曲を選りすぐり、アンディ自身による解説とともにその歌詞を翻訳家の柴田元幸さんの対訳で紹介するもの。うたの内容だけでなく唄われた背景も記されているので滋味あふれるアンディ・アーヴァインのうたの世界をさらに奥深く旅することができます。

 

例えば〈Never Tire Of The Road〉の項を読むとかつてJ・エリオット、D・アダムス、D・ゴーハン、D・ケーン、W・ジョーンズらとドイツのフォーク・フリークに吹き込んだ名盤『Folk Friends 2』でアンディがウディ・ガスリーの〈Seamen Three〉を取り上げたわけが分かります。アンディのウディに対する熱い想いや集まったフォーク・シンガーたちの強い絆をひしひしと感じることができ、改めて〈Never Tire Of The Road〉と〈Seamen Three〉を続けて聴きたくなりました。

 

本書について詳しくはヒマールさんのサイト(こちら)をご覧ください。

 

IMG_20200315_100808.jpg IMG_20200315_101234.jpg

 

IMG_20200315_101258.jpg IMG_20200315_100920.jpg

 

IMG_20200315_221135.jpg IMG_20200315_105310.jpg

 

カフェトラモナ店頭でお買い求めください。消費税はサービスさせていただきます。

 

なお当店ではアンディ・アーヴァイン関連のレコード、CDを多数コレクションしています。

ご来店の際にリクエストしてください。

2020-03-06 12:45:00
カフェトラモナ3月のおすすめレコード

カフェトラモナ3月のおすすめです。

 

上左:Ned Roberts ‎/ Dream Sweetheart(2020)

IMG_20200306_114446.jpg

一昨年の10月トラモナにやって来たルーサー・ラッセルがその時“新作も録り終えてるよ”って教えてくれたネッド・ロバーツの3作目が到着しました。ネッドはヨーク出身で現在はロンドンで活躍するSSWですが、1st、2ndと同様に本作もルーサーのプロデュースのもとロサンゼルスはエレクトロサウンド・スタジオでの録音です。ピアノ、オルガン、ギター、ドラムに亘るルーサーの八面六臂のバック・アップは的確で、ニック・ドレイクやイアン・マシューズを想わせるネッドのセンシティブな歌声を際立てています。ベースには元フリーホイーラーズのジェイソン・ヒラーも。ロンドン経由で届けられたローレル・キャニオンからの音の便りをお愉しみください。

 

上右:Jesse Harris ‎/ Songs Never Sung(2019)

IMG_20200306_114415.jpg

50歳の誕生日に併せて昨年秋にリリースされていたようです。プロデュースはジェシ自身、バックはビル・フリゼール、ケニー・ウォルセン、トニー・シェアの鉄壁のリズム・セクションとノスタルジックな味わいのCJ・カメリエリのホーン・セクション。プスンブーツも取り上げていたサーシャ・ダブソンの〈You'll Forget Me〉の他は自作曲で、なかでもノラ・ジョーンズがデビュー作で唄った〈I've Got To See You Again〉やリズ・ライトやサーシャの歌声で知られる〈Without You〉のジェシ・ヴァージョンには注目です。ディランやJTと異なり自作曲でアプローチした伝統的かつクラシカルなヴォーカル・アルバムです。

 

下左:Various Artists / From Here : English Folk Field Recordings Vol.2(2019)

IMG_20200306_114344.jpg

昨年7月のトピック盤『Vision & Revision』と同様に現在の英国トラッド・シーンを俯瞰するには格好のアンソロジーです。主宰者のスティック・イン・ザ・ホイールがイングランド各地を巡り、ナンシー・カー、ジューン・テイバー、レイチェル・アンサンク、ローラ・スマイス&テッド・ケンプなどベテランから若手までをリビングやキッチンに2組のマイクを立てフィールド・レコーディングしたもので、殆どが無伴奏の歌唱。なかでもJ・テイバーが『アカバ』で唄ったデイヴ・サドベリーの〈The King of Rome〉の再演が感動的です。

 

下右:Martin Simpson & Dom Flemons / A Selection of Ever Popular Favourites(2016)

IMG_20200306_114257.jpg

リアノン・ギデンスの来日がたいへん楽しみな今月ですが、以前彼女と一緒にキャロライナ・チョコレート・ドロップスで活躍していたドム・フレモンズがマーティン・シンプソンと2015年秋に行った英国ツアーのライヴ・アルバムです。かつて米国を活動の拠点にしていたマーティンのこと、現代のソングスターを謳うドムとの共演には少しも違和感がありません。バンジョーやギターはもとよりボーンズやクウィルなども奏で、交互に唄い、ガス・キャノン、ヘンリー・トーマスなどのトラディショナル曲を絶妙のコンビネーションで聴かせてくれます。

  

ご来店の際にリクエストしてください。

2020-02-15 18:14:00
『やぎたこ at Cafe ToRamona Vol.2』のお知らせ

『やぎたこ at Cafe ToRamona Vol.2』は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため延期させていただきます。

楽しみにされていたお客様ややぎたこさんには大変ご迷惑をおかけしますが、収束後改めて日程を調整し、ライブを企画いたしますのでよろしくお願いいたします。

 

大好評だった昨年のLiveからもう1年。

今年もやなぎさんと貴子さんがたくさんの楽器を携えてトラモナにやって来ます。

どうぞ古き良きアメリカン・ミュージックの世界をお楽しみください。

 

◆2020年4月5日(日)

16:00 open 17:00 start

2500円 + ドリンクオーダー

 

ご予約はカフェトラモナ(042-842-3488もしくはこちら)まで

 

IMG_20190224_170341.jpg IMG_20190224_185646.jpg

2020-02-14 13:57:00
カフェトラモナ2月のおすすめレコード

今月も遅れてしまいましたがカフェトラモナ2月のおすすめです。

 

上左:The Haden Triplets ‎/ The Family Songbook(2020)

レイチェル、ぺトラ、ターニャのヘイデン・トリプレッツは、ジャズ・ベーシスト、チャーリー・ヘイデンの三つ子の姉妹。ライ・クーダー、プロデュースのデビュー作に続く第2作です。今回はウッディ・ジャクソンのプロデュースのもとジェイ・ベルローズ、ビル・フリゼル、ドイル・ブラムホールⅡ、グレッグ・レイス、ホアキ・クーダーなどが参加し、特にドイルのアーシーなスライドが前作のサウンドをよく引き継いでいます。父チャーリーの2008年作『Family & Friends : Rambling Boy』はかつてチャーリーが幼少の折に出演していたラジオ番組『Haden Family』へのオマージュでしたが、今回3姉妹はその番組の中心的存在であった祖父カール・E・ヘイデンの曲も取り上げ、ヘイデン家が育んできたアメリカン・ミュージックへの想いを更に深化させています。

 

上右:Jon Boden & The Remnant Kings ‎/ Rose in June(2019)

元ベロウヘッドのジョン・ボーデンのソロ4作目。今回はポール・サーティン、サム・スウィーニーなどベロウヘッドの元メンバーを含む11人編成のバンドを率いてのリリースです。全12曲中自作曲6曲、トラッド詞に自身の曲をつけたもの2曲、トラッド2曲、イワン・マッコールとケイト・ブッシュを1曲ずつ。中でも〈Rigs of the Time〉は白眉。ナポレオン戦争に続く不況に由来するトラッドで、サンディ・デニーが1972年8月6日エルタム・ウェル・ホール・オープン・シアターのコンサートで、アンコールにその日バックを務めたR・トンプソン、P・ドナルドソン、T・ドナルドのコーラスを従えアカペラで唄った曰く付きの曲です。ジョンは今回バンドのストリング・セクションをバックに溌溂と唄っていますが、この曲にはシャーリー・コリンズがヤング・トラディションと録音したヴァージョンもあり、聴き較べては如何でしょう。

 

下左:Songs of Our Native Daughters / Our Native Daughters(2019)

3月の来日が楽しみなリアノン・ギデンスがアメシスト・キア、レイラ・マッカラ、アリソン・ラッセルらと共同で制作したプロジェクト作品。4人のアフリカン・アメリカンが西アフリカ起源の楽器、バンジョーを携え、奴隷制時代から連綿と続く黒人女性の苦悩と抵抗、そして希望を唄います。タイトルはジェイムズ・ボールドウィンの『Notes of a Native Son』からインスパイアされたとのこと。ボブ・マーリーの〈Slave Driver〉が心に響く、ずっしりとした手応えのアルバムです。

 

下右:Shelby Lynne & Allison Moorer / Not Dark Yet(2017)

先月の『Come On Up to the House - Women Sing Waits』で〈Ol' 55〉を唄っていたシェルビー・リンとアリソン・ムーラーの姉妹として初のスタジオ・コラボ。12曲中11曲がカヴァーで1曲のみ二人のオリジナル。もちろんタイトル曲はディランのあの名曲で、他にルーヴィン・ブラザース、マール・ハガード、タウンズ・ヴァン・ザントなど真っ当な選曲のなか、ニック・ケイヴとカート・コバーンがキラリと光ります。プロデュースはテディ・トンプソン、2017年の作品です。

  

ご来店の際にリクエストしてください。

 

IMG_20200214_102722.jpg IMG_20200214_102622.jpg

 

IMG_20200214_102922.jpg IMG_20200214_102957.jpg

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...