Information

2021-12-01 18:03:00
カフェトラモナ12月のおすすめレコード

カフェトラモナ12月のおすすめです。

 

上左:Geoff Muldaur / His Last Letter – The Amsterdam Project(Moon River Music, 2021)

IMG_20211201_122651.jpg

かつて欧州ツアーの折、知己を得たアムステルダムで音楽人生を振り返ってみる、これまでのレパートリーをヴァイオリン、チェロ、クラリネット、バスーン、フレンチ・ホルンなど室内楽をバックに唄ってみる、というジェフ・マルダーの新作は超大作です。〈Gee Baby, Ain't I Good To You?〉〈Prairie Lullaby〉〈Mistread Mama〉などお馴染みのナンバーがオランダを代表するクラシックやジャズのミュージシャンをバックに唄われます。その歌声の若々しいこと、少しも衰えを感じさせません。J・B・レノアー曲でのグルーヴ感はまるでベター・デイズのようです。プロデュースはメトロポール・オーケストラのヘルト・ヤン・ブロム、1曲だけジム・クェスキンがコーラスで参加した本作は指折りの傑作です。なおタイトル曲は明治3年観音崎沖の海難事故で亡くなったジェフの曾祖父が事故直前にニュージャージーに住む奥様に送った手紙をモチーフにしたもの。77年の初来日時にお墓参りをしたのは何処かで読んだ覚えがあります。

 

上右:John Sebastian & Arlen Roth / Explore The Spoonful Songbook(BMG, Renew Records, 2021)

IMG_20211201_122901.jpg

ジョン・セバスチャンの久々のアルバムはマッド・エイカーズの名ギタリスト、アーレン・ロスとのラヴィン・スプーンフル時代のセルフ・カヴァー集。ザル・ヤノフスキーのギター・スタイルをこよなく愛するアーレンの強いオファーで実現し、ジェフ・マルダー、マリア・マルダー、モナリザ・ツインズらをゲストに迎えてウッドストックのネヴェッサ・スタジオで録音されました。〈うれしいあの娘〉〈デイドリーム〉〈心に決めたかい〉などスプーンフル時代のヒット曲が並びますが、マリア・マルダーと唄う〈Stories We Could Tell〉だけはソロになってからの超名盤『Tarzana Kid』から。これが良いのです。

 

下左:John Zorn, Jesse Harris, Petra Haden / Songs For Petra: Petra Haden Sings The Zorn/Harris Songbook(Tzadik, 2021)

IMG_20211201_123028.jpg

ペトラ・ヘイデンの新作はタイトルのとおりジェシ・ハリスとジョン・ゾーンのペンによる楽曲を唄ったもの。2016年の『Seemed Like A Good Idea』に続くペトラとジェシのコラボ作品で、ジョンの曲にジェシが歌詞を付けた〈It Was Innocent〉も再演されています。バックはジェシ自身とジュリアン・ラージ・トリオ。希代のジャズ・ギタリストを伴奏の中心に据え、しかもドラマーがケニー・ウォルセンとなればどうしてもOnce Blueを想わずにはいられません。時折ペトラの歌声にレベッカ・マーティンが過るのは私だけでしょうか。

 

下右:冬にわかれて ‎/ タンデム(こほろぎ舎, P-Vine, 2021)

IMG_20211201_123308.jpg

シンガー、ミュージシャンとして個々でも活躍する寺尾紗穂、伊賀航、あだち麗三郎の3人によるユニット、冬にわかれての2nd。細野バンドのベーシストを擁するトリオということで聴き始めたのですが、伊賀(ベース)とあだち(ドラム)の手堅い演奏が寺尾の凛とした歌声を際立てる、そのバンド感の横溢したアンサンブルに次第に魅了されるようになりました。店内の評判も上々で、古い音楽を聴き直すのも宜しいのですが、新しい世代の新しい音楽をお薦めできるのはまた格別です。バンド名もレーベル名も尾崎翠の作品から採ったとのこと。寺尾さんたいへん文学的な方のようです。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

2021-11-15 13:46:00
最近届いた新譜のアナログ盤、CDです。

最近届いた新譜のアナログ盤、CDです。

ボチボチご紹介できたらと思っています。

 

1. 冬にわかれて ‎/ タンデム(P-Vine Records, 2021)

2. Joni Mitchell ‎/ Live At Carnegie Hall - 1969(Reprise, Rhino, 2021)

3. Geoff Muldaur / His Last Letter – The Amsterdam Project(Moon River Music, 2021)

4. Karine Polwart & Dave Milligan / Still As Your Sleeping(Hudson Records, 2021)CD

5. Murray McLauchlan / Hourglass(True North Records, 2021)CD

6. Spiers & Boden / Fallow Ground(Hudson Records, 2021)CD

7. John Zorn, Jesse Harris, Petra Haden / Songs For Petra: Petra Haden Sings The Zorn/Harris Songbook(Tzadik, 2021)

8. John Sebastian & Arlen Roth / Explore The Spoonful Songbook(BMG, Renew Records, 2021)

 

ご来店の際にリクエストしてください。

2021-11-15 13:41:00

11月27日(土)は都合により17時00分までの営業とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

2021-10-30 16:09:00
カフェトラモナ11月のおすすめレコード

カフェトラモナ11月のおすすめです。

 

上左:John Francis Flynn / I Would Not Live Always(River Lea Recordings, 2021)

IMG_20211029_135234.jpg

ダブリンを拠点に活躍するスキッパーズ・アレイのシンガー兼フルート奏者、ジョン・フランシス・フリンのソロ・デビュー作はラフ・トレード傘下のリヴァー・リーからのお目見え。昨今のランカムやレーベル・メイトのライザ・オニール、イー・ヴァガボンズに続くアイリッシュ・シンギングの新たな息吹を感じます。意外にもシャーリー・コリンズやイーワン・マッコールの曲が並びますがジョンに多大な影響を与えた音楽的ヒーローとか。ナポレオン戦争時代のアンチ・ウォー・ソング〈My Son Tim〉はフランク・ハートの『My Name Is Napoleon Bonaparte』から。またスキッパーズ・アレイの2ndではフルートで演奏していた〈Tralee Gaol〉を2本のホイッスルでローランド・カーク並みの試みも。アルバムの其処彼処で聴けるロス・チェイニーのシンセなどの音響効果が気になるところですが、ディック・ゴーハンを想わせる豪快な歌声にはその点を補って余るものがあります。

 

上右:Nora Brown / Sidetrack My Engine(Jalopy Records, 2021)

IMG_20211014_155803.jpg

ブルックリン出身のフォーク・シンガー兼バンジョー奏者ノラ・ブラウンの第2作は、パンデミックの昨年夏、ブルックリンの古い地下室で、アンペックスのテープレコーダーにRCAのヴィンテージ・マイクロフォンを使ってモノラル録音されました。真っ白な10インチのアナログ盤にはインスト2曲に挟まれた唄ものが5曲、都合7曲のトラッドが収められています。アルバムのタイトルはケンタッキーのバラッド・シンガー、アディー・グレアムの〈The Very Day I'm Gone〉から。その切々としたミンストレル・バンジョーの弾き語りはアルバム一番の聴きどころです。今回はダウン・ヒル・ストラグラーズのジャクソン・リンチとジャロピー・レコーズから7インチをリリースしているジェロン・ブラインドボーイ・パクストンが参加しています。

 

下左:Bert Jansch / Best Of Live(Mooncrest, 2020)

IMG_20211029_141004.jpg

バート・ヤンシュの2006年4月22日シェフィールドのメモリアル・ホールにおける公演は既に『Fresh As A Sweet Sunday Morning』や『Strolling Down The Highway』などCD・DVDでリリースされていましたが、本作は同内容の初アナログ化です。〈It Don't Bother Me〉で幕を開け、〈Strolling Down The Highway〉〈Rosemary Lane〉〈Blackwaterside〉など代表曲が並びます。時期的にリリース(2006年9月)直前の『The Black Swan』から数多く唄われていますが、特にスタジオではベス・オートンに唄わせていた〈Katie Cruel〉がバート自身の歌唱で聴くことができ、〈My Donal'〉〈Blues Run The Game〉〈Carnival〉〈October Song〉など60年代のフォーク・クラブ時代の仲間たちの楽曲も取り上げているのが聴きどころでしょう。

 

下右:Jim Eldon ‎/ I Wish There Was No Prisons(Stick Records, 1984)

IMG_20211029_135357.jpg

ワン・ロウ・レコーズからモッシー・クリスチャンとフィドルのデュオ・アルバムをリリースしたジム・エルドンは、スプリングスティーンをフィドルで弾き語る大層なシンガー兼フィドル奏者。本作はビル・リーダーによって録音されたソロ・デビュー作で、トラッドの無伴奏若しくはフィドル弾き語りが多くを占め、朴訥ながらも滋味あるれる歌声に癒されます。また数曲で聴かれるリーズ・バンドとのインストは殆どタフティ・スィフトのベイクウェル・タルトの世界。これを名盤と云わずして何と云いましょう。なおジムの唄う〈The Deserter〉はグロスタシャーのトラヴェラー、ウィギー・スミスの歌唱をお手本にしたもので、〈Ratcliffe Highway〉とも呼ばれるフェアポートの〈The Deserter〉とは別のものと云っていいでしょう。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

2021-10-14 16:45:00
ブルックリンのジャロピー・レコーズからノラ・ブラウンの新作『Sidetrack My Engine』が届きました。

ブルックリンのジャロピー・レコーズからノラ・ブラウンの新作『Sidetrack My Engine』が届きました。

 

Nora Brown / Sidetrack My Engine(Jalopy Records, 2021)

ノラ・ブラウンはブルックリン出身のまだ16歳のフォーク・シンガー兼バンジョー奏者。一昨年のデビュー・アルバム『Cinnamon Tree』に続く第2作で、パンデミックの昨年夏、ブルックリンの古い地下室で、アンペックスのテープレコーダーにRCAのヴィンテージ・マイクロフォンを使ってモノラル録音されました。

  

真っ白な10インチのアナログ盤に収められているのはトラディショナル7曲。のっけの〈8th of January〉はフレイザー&パタースンの歴史的レコーディングをお手本にしたバンジョーとフィドルによるインスト曲。また最後の〈Briggs’ Hop Light Hornpipe Medley〉もリアノン・ギデンスがカロライナ・チョコレート・ドロップス時代に録音したメドレーに更にもう1曲加えたインスト曲。そしてこれら2曲のインストルメンタルに挟まれたディランも取り上げたマーダー・バラッド〈Frankie and Albert〉やジョン・コーエンから習ったという〈Wedding Dress〉など5曲の唄ものでノラの歌声が充分に堪能できるという趣向になっています。

 

アルバムのタイトルはケンタッキーのバラッド・シンガー、アディー・グレアムの〈The Very Day I'm Gone〉からの一節を引いたもの。もちろんノラはアディー自身の唄も聴いていましたが、トリビュート・アルバム『The Very Day I'm Gone: Songs of Addie Graham』に収められたアンナ&エリザベスの歌唱でこのホーボー・ソングの魅力を再認識したとのこと。ノラの切々としたミンストレル・バンジョーの弾き語りはアルバム一番の聴きどころです。

  

なお、今回はダウン・ヒル・ストラグラーズのジャクソン・リンチがフィドルで、同じジャロピー・レコーズから7インチをリリースしているジェロン・ブラインドボーイ・パクストンがボーンでそれぞれ2曲ずつ参加しています。

 

Track List

A1. 8th of January (Traditional from Frasier & Patterson)

A2. Frankie and Albert (Traditional from John Haywood)

A3. Liza Jane (Traditional)

A4. The Very Day I’m Gone (Traditional from Addie Graham)

B1. Wedding Dress (Traditional from John Cohen)

B2. Green Valley Waltz (Traditional from McCratt Brothers & Patterson)

B3. Briggs’ Hop Light Hornpipe Medley (Traditional from Tom Briggs)

 

IMG_20211014_154722.jpg IMG_20211014_160047.jpg

 

IMG_20211014_155803.jpg IMG_20211014_155545.jpg

 

ご来店の際にリクエストしてください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...