Information

2021-01-15 22:23:00
カフェトラモナ1月のおすすめレコード

カフェトラモナ1月のおすすめです。

 

上左:Blue Rose Code / With Healings Of The Deepest Kind(2020)

IMG_20210116_103506.jpg

ブルー・ローズ・コードはエジンバラ出身のSSW、ロス・ウィルソンの個人プロジェクト。既に5枚のスタジオ・アルバムと3枚のライヴ・アルバムがあり、ダニー・トンプソンやジュリー・フォウリスとも共演しています。特に昨年暮れのカリン・ポルワートをフィーチャーしたクリスマス・ソング〈(I Wish You) Peace In Your Heart〉はトラモナのヘヴィー・ローテーションでした。本作は昨年7月にリリースされた最新フル・アルバム。学校をサボり酒とドラッグに明け暮れていた10代の頃にはヴァン・モリソンやジョン・マーティン、トム・ウェイツを傾聴していたとか。アコースティックながらもジャージーかつソウルフルなカレドニアン・ソウルが堪能できます。

 

上右:My Darling Clementine / Country Darkness Vol. 3(2020)

IMG_20210116_103046.jpg 

マイ・ダーリング・クレメンタインは名作『God Shaped Hole』などで知られるイングランドのSSW、マイケル・ウェストン・キングがグッド・サンズ時代からのサポート・メンバーであるルー・ダルグリッシュと組んだカントリー・デュオ。ジョージ&タミーというよりも寧ろデラニー&ボニー的と云われています。『Country Darkness』はアトラクションズのスティーヴ・ナイーヴをフィーチャーし、コステロのカントリーもしくはカントリー・ソウルな楽曲をカヴァーしたEP3部作で、本作はその完結編。『King Of America』から〈I'll Wear It Proudly〉と〈Indoor Fireworks〉、『All This Useless Beauty』から〈Why Can't A Man Stand Alone?〉、『Secret, Profane & Sugarcane』から〈The Crooked Line〉を取り上げていますが、特にスティーヴのピアノだけで唄われる〈Indoor Fireworks〉は感動的です。

 

下左:Joni Mitchell / Live At Canterbury House - 1967(2020)

IMG_20210116_103614.jpg

漸く始まったジョニ・ミッチェルのアーカイヴ・シリーズ、第1弾は1968年に『Song to a Seagull』でデビューする以前の1963年から1967年までの未発表音源を5枚のCDに収めた『アーカイヴス Vol.1:アーリー・イヤーズ(1963―1967)』。で、本作はその中で一番新しい1967年ミシガン州アナーバーのカンタベリー・ハウスで録音された3ステージ分のライヴ音源を収録した3枚組アナログ盤。全24曲中14曲が〈Urge For Going〉や〈Both Sides Now〉など既発表曲、9曲が1stアルバムに収録予定だった〈Free Darling〉を始めとする未発表曲でオリジナル中心の選曲。曲ごとにチューニングを変え、自作曲を歌い継ぐ様はただのフォーク・シンガーではなく、既に”ジョニ・ミッチェル”は出来上がっているようです。オリジナルでない唯一の曲は無伴奏で唄われる〈The Dowie Dens Of Yarrow〉。2ndアルバムで〈Both Sides Now〉の前に〈The Fiddle And The Drum〉を無伴奏で唄い、後にジューン・テイバーによってカヴァーされることを思うと感慨深いものがあります。

 

下右:Alialujah Choir ‎/ The Alialujah Choir(2012)

IMG_20210116_103701.jpg

アリアルーヤ・クワイアはオレゴン州ポートランドで活躍するノーフォーク&ウェスタンのアダム・セルツァーとウェインランドのアダム・シアラー、アリア・ファーラによって結成されたフォーク・トリオです。『The Alialujah Choir』は女声を含むコーラスながらもCS&Nを想わせる息の合ったハーモニー・ワークが魅力的な彼らの1stアルバム。録音はセルツァーが1998年に開設し、M・ウォード『Duet For Guitars #2』、ローラ・ギブソン『If You Come To Greet Me』など数多くの名盤を生んだレコーディング・スタジオ、タイプ・ファウンドリー。もちろん本作もその名盤のうちの一枚で、CDリリース時に33枚だけ限定プレスされたアナログ盤がコレクションできました。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

2021-01-01 00:09:00
あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

旧年中はたいへんお世話になりました。

本年も美味しい珈琲と素敵な音楽でお待ちしています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

なお4日から通常営業いたします。

2020-12-29 10:46:00
一年間ありがとうございました。

本年の営業は29日で終了いたしました。

一年間ご愛顧いただきありがとうございました。

勝手ながら12月30日から1月3日まで年末年始休業とさせていただきます。

新年は1月4日から営業いたします。

来年もよろしくお願いいたします。

どうぞ良いお年を。

2020-12-16 15:48:00

いつもご利用いただきありがとうございます。

年末は12月29日(火)まで営業し、年始は1月4日(月)から営業いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

2020-12-08 11:00:00
カフェトラモナ12月のおすすめレコード

カフェトラモナ12月のおすすめです。

 

上左: Jenny Sturgeon / The Living Mountain(2020)

IMG_20201208_103051.jpg

ジェニー・スタージェンはスコットランドのSSW。シボーン・ミラーの後継としてソルト・ハウスに加入し、先の『Huam』(2020)ではカリン・ポルワート級の歌声を聴かせ、スコットランドのフォーク・シーンにおける彼女たちの存在感を知らしめてくれました。本作はジェニーの2ndアルバム。ソルト・ハウス加入後初めてリリースされるソロ作になります。スコットランドの国民的作家、ナン・シェパードによって書かれた山歩きのノンフィクション『The Living Mountain』にインスパイアされて生まれた作品で、アンディ・ベルのプロデュースにより著作の舞台となったケアンゴームズ国立公園で録音された全12曲のタイトルも章名から採られているとのこと。レコーディングに使われたギターはスコットランド各地のパブの棚や古い漁船から再生された木材で作られた特注ギター。そのギターにより弾き語られるジェニーの歌声がケアンゴームズでフィールド録音された小川のせせらぎや小鳥の囀りと相俟ってスコットランドの大自然に誘ってくれます。

 

上右:The Magpie Arc / Ep1(2020)

マーティン・シンプソンとナンシー・カーの新しいバンド、The Magpie Arcのデビュー10インチ『Ep1』が届きました。

マグパイ・アークはマーティン・シンプソンとナンシー・カーの新しいバンドで、マーティンとナンシーのほか、エディ・リーダーやハイジ・タルボットともレコーディング歴のあるエジンバラの新進気鋭のSSW、アダム・ホームズに、ドラムスのトム・A・ライト(新生アルビオン・バンド!!)とベースのアレックス・ハンター(アダム・ホームズ&エンバーズ)を加えた5人組。完全なTrad-Arrではなく、むしろ『What We Did on Our Holidays』辺りのフェアポートを想わせるフォーク・ロックを聴かせ、ロックダウンが緩和されたこの夏に録音した12曲を3枚のEPでリリースする予定です。本作はその第1弾で、詳しくは こちら をご覧ください。

 

下左:Neal Casal / Fade Away Diamond Time - 25th Anniversary 2LP Edition(1995, 2020)

IMG_20201208_102828.jpg

先月のロン・セクスミスに続きニール・カサールのデビュー・アルバムもアナログ化されました。ニール・ヤングに多分に影響されたギターのカッティング、デビュー当時のジャクソン・ブラウンを想わせるまだ青臭さを残した歌声、〈Detroit Or Buffalo〉の渋すぎるカヴァー・センスなど。針を落とすと90年代の中頃に初めてCDで聴いた時の感動が蘇ってきます。ギタリストとしての大成や『Sweeten The Distance』での成熟も捨てがたいところですが、如何してもこのデビュー・アルバムに戻って来てしまいます。もしブラック・ホークの99枚が編み直されるとしたら間違いなく選出される筈、それほどの傑作です。

 

下右: Various Artists / If You’re Going to the City: A Tribute to Mose Allison (2019)

IMG_20201208_102859.jpg

2016年に89歳で亡くなったモーズ・アリソンのトリビュート・アルバム。モーズ・アリソンのトリビュートと云うとヴァン・モリソン、ジョージ・フェイム、ベン・シドランの『Tell Me Something』が直ぐに浮かびますが、こちらは『Watkins Family Hour』で気を吐いたシェルドン・ゴムバーグとドン・ヘフィントンのプロデュースで、ちょうど昨年の今頃リリースされたもの。ドンやグレッグ・リーズ、ベンモント・テンチ、セバスチャン・スタインバーグのWatkins Family Hour組をバックにジャクソン・ブラウンやフィオナ・アップルが唄います。ボニー・レイットとリチャード・トンプソンはライヴ収録。ノーム・ピケルニーのバンジョーを中心としたブルーグラス・バンドで唄われるロビー・ファルクスの〈My Brain〉は圧巻です。

 

A1. Your Mind Is On Vacation (Taj Mahal) / A2. My Brain (Robbie Fulks) / A3. If You Live (Jackson Browne) / A4. Your Molecular Structure (Fiona Apple) / A5. Nightclub (Ben Harper + Charlie Musselwhite)

B1. Stop This World (Chrissie Hynde) / B2. If You're Going To The City (Iggy Pop) / B3. Everybody's Crying Mercy (Bonnie Raitt) / B4. Ever Since The World Ended (Loudon Wainwright III) / B5. Parchman Farm (Richard Thompson)

C1. I Don't Worry About A Thing (Peter Case) / C2. Wild Man On The Loose (Dave Alvin & Phil Alvin) / C3. The Way Of The World (Richard Julian) / C4. Numbers On Paper (Frank Black) / C5. Monsters Of The Id (Amy Allison with Elvis Costello)

 

ご来店の際にリクエストしてください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...