Information

2022-01-31 13:44:00
アイルランドのブルー・ナビゲーターからマイケル・ハーレーのトリビュート・アルバムが届きました。

1月のおすすめレコードでもご紹介したとおり12年ぶりのスタジオ録音が素晴らしかったマイケル・ハーレーですが、アイルランドでファンジンを発行しているブルー・ナビゲーターからマイケルのトリビュート・アルバムがやっとリリースされました。

 

トリビュート・アルバムの構想は1990年代初頭まで遡り、幾度となく挫折を繰り返し今回に至ったようです。そのため録音は古いもので1986年のチキン・チョーカーズの〈Watertrain〉から最も新しいハックルズの〈O My Stars〉が2020年と隔たりがありますが、あたかも同じ場所で一日で録られたような統一感を持って編集されています。

 

マイケル自身も制作に加わったアルバムに収録されているのは、キャレキシコ、キャス・マコームス&スティーヴ・ガン、ハックルズなどこれまで録り貯められた初出の音源6曲と、既にリリース済みのキャット・パワー、ヨ・ラ・テンゴなどによる4曲の全10曲。アナログ盤に収めきれなかった音源も残っているようで、それらを含めたデジタル版が今年中にリリースされるとのことです。

 

収録曲はどのトラックも聴き応えのあるもので、特にキャット・パワーの〈The Werewolf〉は圧巻。2003年リリースの彼女の『Are You Free』で既に聴いていたのですが、バリー・ドランスフィールドのヴァージョンと並ぶこの楽曲の名唱と改めて認識した次第です。またハックルズの〈O My Stars〉も聴きどころ。ルーク・イドスティとカティ・クラボーンからなるハックルズはオレゴン州はアストリア市に住む若いミュージシャンによるバンドで、マイケルの新作への貢献は記憶に新しいところ。以前紹介したアリアルーヤ・クワイアのサポート・メンバーでもあり、彼らの活躍を密かに期待しています。

 

LPと一緒に送られてきたポストカードにはプロデューサーのブレンダン・フォアマンからのメッセージとして"Cafe ToRamona looks like a good home for Snockument LP ! "とありました。ちょっと感激です。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

 

SNOCKUMENT - Songs by Michael Hurley

Side 1

Sweet Lucy – Cass McCombs & Steve Gunn

Somebody To Say Bye Bye To – Little Sue

The Werewolf – Cat Power

Watertrain – The Chicken Chokers

Hog of the Forsaken (instr) – dbh

Side 2

O My Stars – The Hackles

I Still Could Not Forget You Then – Vernon Tonges

The Rue Of Ruby Whores – Calexico

Portland Water – Jason D. Williams

Polynesia #1 – Yo La Tengo

 

IMG_20220131_113654.jpg IMG_20220131_113945.jpg

 

IMG_20220131_113857.jpg IMG_20220131_114153.jpg

2022-01-30 18:11:00

2月2日(水)は都合により18時00分までの営業とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

2022-01-08 11:50:00
カフェトラモナ1月のおすすめレコード

カフェトラモナ1月のおすすめです。

 

上左:Devin Hoff / Voices from the Empty Moor - Songs of Anne Briggs(Kill Rock Stars, 2021)

IMG_20220108_113158.jpg

米国のベーシスト、デヴィン・ホフによるありそうでなかったアン・ブリッグスのトリビュート・アルバム。と云ってもデヴィン自身が唄うのではなく、SSWのシャロン・ヴァン・エッテン、ジュリア・ホルター、シャノン・レイや ウード奏者のアレハンドロ・ファーハ、サックス奏者のハワード・ワイリーらとコラボし、この10年心酔していると云うアン・ブリッグスに敬意を表しています。女性シンガー陣による〈Go Your Way〉〈Let No Man Steal Your Thyme〉〈Living by the Water〉は云うまでもなく、ウードとベースの〈The Snow It Melts the Soonest〉と〈My Bonny Boy〉のメドレーやサックスとベースによる〈Maa Bonny Lad〉のスリリングなインストからも深いアン・ブリッグス愛を感じることができます。やはりエメット・ケリーの唄う〈Blackwater Side〉がベストトラックでしょうか。

 

上右:Michael Hurley / The Time of the Foxgloves(No Quarter, 2021)

IMG_20220108_113140.jpg

昨年の暮れに御年80歳を迎えたマイケル・ハーレーの31枚目(多分)の最新作。今回のレコーディングはいつものホーム・スタジオBellemeade Phonicsに加えてオレゴン州アストリアにあるロープ・ルーム・スタジオでも行われ、12年ぶりのスタジオ録音になるそうです。全11曲中ロブ・ケラー作〈Boulevard〉とルーヴィン・ブラザースの〈Alabama〉の他は全てオリジナル。〈Love Is The Closest Thing〉〈Lush Green Trees〉など古い曲も再演され、ザ・ハックルズのルーク・イドスティとカティ・クラボーンをはじめオレゴン周辺の若手ミュージシャンによる手堅い演奏が新たな息吹をもたらしています。また齢を重ねディランと同様にキーボード演奏の多くなったマイケルですが、〈Blondes & Redheads〉ではギル・ランドリーの弾くスライドとウーリッツアーの掛け合いがご機嫌なマイケル流ロックン・ロールを聴かせてくれます。12年前の『Ida Con Snock』と並ぶ傑作です。

 

下左:Joni Mitchell / Live At Carnegie Hall - 1969(Reprise Records, Rhino Records, 2021)

IMG_20220108_112005.jpg

今回アーカイブ・シリーズの第2弾から唯一アナログ・リリースされたのは1969年2月1日カーネギー・ホールに於ける伝説のライヴ音源です。デヴュー作から1年足らず、3か月後には2nd『Clouds』のリリースを控えた、この初期キャリアのエポック的公演にはディランの姿もあったとか。ジャケ写から窺えるように広いステージにはギターとピアノのみ。弾き語られたのは1st、2ndからだけでなく〈The Circle Game〉〈Little Green〉などその後アルバム収録される初期の代表曲のほかディノ・ヴァレンティの〈Get Together〉も。後にジューン・テイバーにもカヴァーされて、その由来が気になっていた〈The Fiddle And The Drum〉は、元々ピアノで作曲したが大勢の前でピアノを弾くのは緊張するのでピアノなしで唄うと前置きされ無伴奏で唄われています。

 

下右:Andrew Gabbard ‎/ Homemade(Karma Chief Records, 2021)

IMG_20220108_113048.jpg

アンドリュー・ギャバードはオハイオ州出身のSSW。幼い頃から父親所有のデッドやニール・ヤング、CSNY、ニュー・ライダース・オブ・ザ・パープル・セイジなどを聴いて育ち、現在は兄のザッカリーとギャバード・ブラザースを組む傍らザ・ブラック・キーズのツアー・メンバーとして活躍しています。コールマイン・レコーズ傘下のカーマ・チーフからリリースされた本作はコロナ禍の中、一人で宅録された1stアルバム。食べ物を頰張るジャケ写とアルバム・タイトルからボビー・チャールズを想い起しますが、針を落とすとジョージ・ハリソンやジョー・パーニスを想わせるポップな歌声が心地良い好盤。自作曲のほかエミット・ローズをカヴァーする趣味趣味音楽な人だけにこの次はモア・ベターかも。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

2022-01-01 00:04:00
あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

旧年中はたいへんお世話になりました。

本年も美味しい珈琲と素敵な音楽でお待ちしています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

なお4日から通常営業いたします。

 

 

写真は2021年カフェトラモナを賑わせてくれた英国の新しい歌声(第2弾)です。

13. Jon Boden, Last Mile Home, Hudson HUD022, 5 March 2021

14. Cohen Braithwaite-Kilcoyne, Rakes & Misfits, Grimdon GRICD003, 5 March 2021

15. Dean Owens, The Desert Trilogy EPs, Self-released, 5 March 2021

16. Ian Bruce & The Tartan Spiders: Young Territorial, Greentrax CDTRAX414, 1 May 2021

17. Rod Stradling, Treacle & Bread, Ghosts from the Basement GFTB 7059, 25 May 2021

18. Cath & Phil Tyler, Some Heavy Hand, Ferric Mordant FE12, 4 June 2021

19. The Oldham Tinkers, A Lancashire Grace, Limefield, 6 August 2021

20. Ben Walker & Kirsty Merryn, Life and the Land, Folkroom FRR2102, 3 September 2021

21. The Norfolk Broads, Yonder Green Grove, Self Released, 10 September 2021

22. Spiers & Boden, Fallow Ground, Hudson HUD024CD, 17 September 2021

23. Karine Polwart & Dave Milligan, Still As Your Sleeping, Hudson HUD025CD, 1 October 2021

24. Devin Hoff, Voices from the Empty Moor, Songs of Anne Briggs, Kill Rock Stars CDKRS711, 1 October 2021(これのみ米国から)

ご来店の際にリクエストしてください。

2021-12-29 11:32:00
一年間ありがとうございました。

本年の営業は29日で終了いたしました。

一年間ご愛顧いただきありがとうございました。

勝手ながら12月30日から1月3日まで年末年始休業とさせていただきます。

新年は1月4日から営業いたします。

来年もよろしくお願いいたします。

 

どうぞ良いお年を。

 

 

写真は2021年カフェトラモナを賑わせてくれた英国の新しい歌声です。

01. The Transports, The Transports 2017, Hudson Records HUD007CD, 12 January 2018

02. Nick Hart, Nick Hart Sings Nine English Folk Songs, Roebuck Records RRCD002, 1 May 2019

03. Jim Eldon & Mossy Christian, Fiddle Duets, One Row Records ORRCD001, 1 December 2019

04. Sam Carter, Home Waters, Captain Records CAP006, 1 May 2020

05, Findlay Napier & Gillian Frame with Mike Vass, The Ledger, Cheery Groove CHEERY008, 1 May 2020

06. O'Hooley & Tidow, Live at St George's, No Masters NMCD55, 11 September 2020

07. Martin Simpson, Home Recordings, Topic Records TSCD609, 13 November 2020

08. Fraser Bruce, Every Song's a Story, Greentrax Recordings CDTRAX413, November 2020

09. Mossy Christian, Come Nobles and Heroes, One Row Records ORRCD002, 1 December 2020

10. Edgelarks, Henry Martin, Dragonfly Roots DRCD008, 11 December 2020

11. Si Barron, A Merry Convoy, Self Released, 2020

12. Jon Wilks, Up the Cut, Self Released, 13 February 2021

ご来店の際にリクエストしてください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...