Information

2021-03-23 11:49:00
『I'm A Rover』『Everything Is Moving』『Histories (Old Black Joe)』

最近コレクションできた7インチ・シングルをご紹介します。

 

Ye Vagabonds『I'm A Rover / Bothy Lads』(River Lea Records, 2021)

IMG_20210323_113115.jpg

Ye Vagabondsはスウィニーズ・メンやプランクシティの真の後継者と云われるアイルランドの若手兄弟デュオ。A面〈I'm A Rover〉はアイルランドやスコットランドでは有名なナイト・ヴィジティング・ソングで、彼らのヴァージョンは幼少の折、母のGraniaから習ったもの。B面の〈Bothy Lads〉はシラ・フィッシャーとアーティー・トレザイスのシンギングをお手本にしたそうです。シラとアーティーはフォークレガシー盤『For Foul Day and Fair』で唄っていましたね。

 

Neal Casal『Everything Is Moving / Green Moon』(Royal Potato Family, 2021)

IMG_20210323_113151.jpg

ニール・カサールの7インチは生前ニールが残したベーシック・トラックに友人たちが手を加えて完成させリリースされました。〈Everything Is Moving〉は2013年2月ごろブルックリンのスタジオで録ったバンド編成のトラックに、昨年7月Jon Graboffがペダル・スティールとエレクトリック・ギターを、John Gintyがピアノとハモンドを、そしてJeff HillとJena Krausがハーモニー・ヴォーカルをダビングして仕上がりました。また〈Green Moon〉は2016年の夏にヴェンチェラの自宅近くのスタジオで一人でギターやピアノを弾き、コーラスまで唄ったトラックに、昨年10月Jeff HillとGeorge Sluppickがベースとドラムを加えたものです。いつもながらの歌声ですが、どこか悲しげに響きます。

 

Van Dykes Park『Histories (Old Black Joe) / Souvenir de la Havane』(Corbett vs Dempsey, 2021)

IMG_20210323_113233.jpg

ヴァン・ダイク・パークスの新作はフィラデルフィアで活躍するアーティスト、デイヴィッド・ハート(David Hartt)のインスタレーション作品用にアレンジを依頼されたフォスターの〈オールド・ブラック・ジョー〉。デイヴィッドのインスタレーションThe Histories (Old Black Joe)は2枚のタペストリーと4つのアンティーク・チェア、そしてヴァン・ダイクの〈オールド・ブラック・ジョー〉で構成されていますが、タペストリーを流用したレコード・ジャケットを眺めながら、流麗なオーケストラにスライド・ギターやスティールパン、はたまたミンストレル・ショーをコラージュしたような〈オールド・ブラック・ジョー〉を聴いていると件のインスタレーションを鑑賞した気分になれるかも。B面はヴァン・ダイクが多大な影響を受けたゴットシャルクの〈Souvenir de la Havane〉。ヴァン・ダイクはアッシュ・グローヴのライヴ盤でも彼の作品を取り上げていました。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

2021-03-15 11:57:00
カフェトラモナ3月のおすすめレコード

カフェトラモナ3月のおすすめです。

 

上左:Jimbo Mathus & Andrew Bird / These 13(Thirty Tigers, 2021)

IMG_20210313_101139.jpg

ギターのジムボ・マサスとフィドルのアンドリュー・バードが出会ったのは1994年ノース・カロライナのブラック・マウンテン・ミュージック・フェスティヴァルでした。その後アンドリューはジムボのスクィーレル・ナット・ジッパーズに参加し一緒にプレイすることになりますが、「いつかフィドルとギターだけでジンボと一緒にレコードを作りたい」とずっと思っていたとのこと。プロデュースはマイク・ヴァイオラ。スタジオの中央にマイクを1本だけ立て、アナログ・レコーダーで一発録りしたそうです。これらの13曲はすべて2人のオリジナルですが、昔ながらのカントリー、ルーラルなブルース、アパラチアン・ミュージックにホワイト・スピリチュアルとどれもオーセンティックかつアーシーなルーツ感満載のアルバムです。

 

上右:Neil Young / The Times(Reprise Records, 2021)

IMG_20210313_101336.jpg

昨年ネット上で公開された「Fireside Sessions」シリーズ第6弾の「Porch Episode」をEP化したもの。もともとCDとAmazon musicでリリースされていましたが、今年になってアナログ盤もお目見えしました。コロナ禍のなか大統領選とブラック・ライヴズ・マターで大きく揺れ動くアメリカ合衆国で、〈Alabama〉〈Ohio〉〈Southern Man〉など必然的にメッセージ色の強い選曲になったようです。アルバムのタイトルはディランの〈The Times They Are a-Changin'〉のカヴァーから。かつて〈Campaigner〉でニクソンやブッシュにさえ魂があると唄っていたニールですが、今回はトランプにさえ魂があるとは流石に唄いませんでした。

 

下左:Josh Okeefe / Bloomin’ Josh Okeefe(Anti-corp, 2020)

IMG_20210315_100809.jpg

英国はダービー出身のSSW、ジョシュ・オキーフのデビュー・アルバム。16歳で学校をドロップアウトし、ロンドンやブライトンを放浪。コーヒー・ハウスやレコーディング・スタジオの床で夜を明かしたこともあるとか。2017年にリリースした EP『Josh Okeefe』が評判となり、2019年夏には ビリー・ブラッグの招待でグラストンベリーに出演したこともあります。録音はディランとジョニー・キャッシュが共演したナッシュヴィルは伝説のコロンビア・スタジオA 。ギターとハーモニカの弾き語りスタイルは初期のディランからジャック・エリオットやガスリーにまで遡れますが、〈Young Sailor〉にはイワン・マッコールからポーグスへと連なる英国フォーク・ムーヴメントの叙情性も窺えます。

 

下右:Tony Rose ‎/ Poor Fellows(Dingle's, 1982)

IMG_20210313_101304.jpg

買い逃していたトニー・ローズの4枚目がコレクションできました。トニー・ローズは4枚のアナログ盤と2枚のCDを残すも2002年に癌で亡くなってしまったイングランドのリヴァイヴァリスト。1978年にニック・ジョーンズやピート&クリス・コーと組んだBandoggsは「円熟期の英国トラッド・フォークが到達した一つの理想郷」と評され、フォークのスーパーグループと云われていました。本作はそのバンドックスの活動を挟んで前作から6年ぶりにリリースされた1982年のソロ・アルバム。トラッド中心に唄ってきたトニーですが、R・トンプスン作〈Down Where the Drunkards Roll〉やP・ベラミーの〈Us Poor Fellows〉など同時代の作家による楽曲をアルバムの半数で取り上げているのが印象的です。極めつけはディランの〈Boots of Spanish Leather〉で、数曲で聴けるベースやシンセが時代を感じさせますが、基本的にはギターとコンサティーナの弾き語り。ベテラン・リヴァイヴァリストによる落ち着いた歌声が味わい深い名盤です。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

2021-02-16 18:16:00
カフェトラモナ2月のおすすめレコード

カフェトラモナ2月のおすすめです。

 

上左:Joe Pernice / Could It Be Magic(2020)

IMG_20210208_111751.jpg

パーニス・ブラザースのフロントマン、ジョー・パーニスはコロナ禍の昨年、2枚の弾き語りアルバムをリリースしました。1枚はオリジナル集『Richard』、そしてもう1枚の本作はバリー・マニロウのヒット曲をカヴァーしたトリビュート・アルバムです。流石にマニロウ本人の作品はトラモナではコレクションの範疇外ですが、ガット・ギター一本で切々と弾き語られる〈哀しみのマンディ〉〈恋はマジック〉〈ニュー・イングランドの週末〉などゴージャスなヒット・メロディはまさに名演で、ティム・ハーディンの『The Homecoming Concert』を想わせます。かつてシナトラは「次に来るのはマニロウだ」と云ったとか。グレイト・アメリカン・ソングブック集に新たな名作が加わりました。

 

上右:Trimdon Grange Explosion / Trimdon Grange Explosion(2018)

IMG_20210208_111813.jpg

Trimdon Grange Explosionは昨年15年ぶりにデビュー・アルバムがリイシューされ話題になったThe Eighteenth Day Of Mayの元メンバーによって結成された、ロンドンで活躍するエレクトリック・トラッド・バンド。2017年にCDRで限定発売された彼ら唯一のアルバムをCardinal Fuzzがアナログ化したものをやっと入手できました。バンド名をイングランドはダラム州トリムドン・グランジ の炭鉱爆発事故を唄ったバラッドから採るだけあって、ゲイリー&ヴェラ・アスペイが『A Taste of Hotpot』で取り上げたテッド・エドワーズの〈Weepin' and Wailin' Away〉など抜群に渋い選曲。しかし圧巻はマーダー・バラッド〈The Bonnie Banks of Fordie〉の10分半に及ぶパフォーマンス。まるでヴェルヴット・アンダーグラウンドが〈Matty Groves〉を演奏しているかのようです。

 

下左:Marry Waterson & Emily Barker / A Window to Other Ways(2019)

IMG_20210208_111833.jpg

1977年12歳の時、叔母ノーマと母ラルの『A True Hearted Girl』で初レコーディングを経験し、以降ファミリーのアルバムにはちょくちょく顔を出していたマリー・ウォータスンは、2011年実弟のオリヴァー・ナイトと『The Days That Shaped Me』で本格的にデビュー。本作が5枚目になります。毎回オリヴァーやデイヴィッド・ジェイコック等と共同名義でアルバムをリリースしているマリーですが、今回はオーストラリア出身のSSW、エミリー・バーカーとのコラボ。出会いはキャスリン・ウィリアムスが運営するソングライティングのワークショップで、2人の相性は抜群。これまでのどの共演者よりもしっくり来るようです。プロデュースはやはり同ワークショップで知り合ったアデム・イルハン。ルーカス・ドリンクウォーターのダブル・ベースがいい仕事をし、ウォータスン家では最新のアルバムです。

 

下右:Lal & Mike Waterson ‎/ Bright Phoebus(1972, 2017)

IMG_20210208_111856.jpg

ラル・ウォータスンの歌声を山櫨子に例えたのはイングランドはランカシャーでレコード店を営むイアン・サウスワースでした。棘を持っていて初めは取っ付き難いがやがて豊かな恵みをもたらすと云うのです。1972年の『Bright Phoebus』はそんなラルが兄のマイクとリリースした名盤の誉れ高いアルバム。R・トンプスン、A・ハッチングス、M・カーシーなど参加した面子だけでなく、ラルとマイクが書いた楽曲の素晴らしさは〈The Scarecrow〉〈Fine Horseman〉など数多くの名カヴァーを生んできました。本作は本編をDisc1に、Disc2に1971年のデモテープを初めて収録したリイシュー・アナログ盤。2002年のトリビュート盤『Shining Bright』でノーマ・ウォータスンが唄っていた〈Song for Thirza〉やステッチャー&ブリスリンの〈One of Those Days〉は当時未発表で、このデモに収められていたのでした。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

2021-02-16 15:16:00

2月24日(水)は都合により午後1時(13:00)からの営業とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがご了承くださいますようお願いいたします。

2021-01-15 22:23:00
カフェトラモナ1月のおすすめレコード

カフェトラモナ1月のおすすめです。

 

上左:Blue Rose Code / With Healings Of The Deepest Kind(2020)

IMG_20210116_103506.jpg

ブルー・ローズ・コードはエジンバラ出身のSSW、ロス・ウィルソンの個人プロジェクト。既に5枚のスタジオ・アルバムと3枚のライヴ・アルバムがあり、ダニー・トンプソンやジュリー・フォウリスとも共演しています。特に昨年暮れのカリン・ポルワートをフィーチャーしたクリスマス・ソング〈(I Wish You) Peace In Your Heart〉はトラモナのヘヴィー・ローテーションでした。本作は昨年7月にリリースされた最新フル・アルバム。学校をサボり酒とドラッグに明け暮れていた10代の頃にはヴァン・モリソンやジョン・マーティン、トム・ウェイツを傾聴していたとか。アコースティックながらもジャージーかつソウルフルなカレドニアン・ソウルが堪能できます。

 

上右:My Darling Clementine / Country Darkness Vol. 3(2020)

IMG_20210116_103046.jpg 

マイ・ダーリング・クレメンタインは名作『God Shaped Hole』などで知られるイングランドのSSW、マイケル・ウェストン・キングがグッド・サンズ時代からのサポート・メンバーであるルー・ダルグリッシュと組んだカントリー・デュオ。ジョージ&タミーというよりも寧ろデラニー&ボニー的と云われています。『Country Darkness』はアトラクションズのスティーヴ・ナイーヴをフィーチャーし、コステロのカントリーもしくはカントリー・ソウルな楽曲をカヴァーしたEP3部作で、本作はその完結編。『King Of America』から〈I'll Wear It Proudly〉と〈Indoor Fireworks〉、『All This Useless Beauty』から〈Why Can't A Man Stand Alone?〉、『Secret, Profane & Sugarcane』から〈The Crooked Line〉を取り上げていますが、特にスティーヴのピアノだけで唄われる〈Indoor Fireworks〉は感動的です。

 

下左:Joni Mitchell / Live At Canterbury House - 1967(2020)

IMG_20210116_103614.jpg

漸く始まったジョニ・ミッチェルのアーカイヴ・シリーズ、第1弾は1968年に『Song to a Seagull』でデビューする以前の1963年から1967年までの未発表音源を5枚のCDに収めた『アーカイヴス Vol.1:アーリー・イヤーズ(1963―1967)』。で、本作はその中で一番新しい1967年ミシガン州アナーバーのカンタベリー・ハウスで録音された3ステージ分のライヴ音源を収録した3枚組アナログ盤。全24曲中14曲が〈Urge For Going〉や〈Both Sides Now〉など既発表曲、9曲が1stアルバムに収録予定だった〈Free Darling〉を始めとする未発表曲でオリジナル中心の選曲。曲ごとにチューニングを変え、自作曲を歌い継ぐ様はただのフォーク・シンガーではなく、既に”ジョニ・ミッチェル”は出来上がっているようです。オリジナルでない唯一の曲は無伴奏で唄われる〈The Dowie Dens Of Yarrow〉。2ndアルバムで〈Both Sides Now〉の前に〈The Fiddle And The Drum〉を無伴奏で唄い、後にジューン・テイバーによってカヴァーされることを思うと感慨深いものがあります。

 

下右:Alialujah Choir ‎/ The Alialujah Choir(2012)

IMG_20210116_103701.jpg

アリアルーヤ・クワイアはオレゴン州ポートランドで活躍するノーフォーク&ウェスタンのアダム・セルツァーとウェインランドのアダム・シアラー、アリア・ファーラによって結成されたフォーク・トリオです。『The Alialujah Choir』は女声を含むコーラスながらもCS&Nを想わせる息の合ったハーモニー・ワークが魅力的な彼らの1stアルバム。録音はセルツァーが1998年に開設し、M・ウォード『Duet For Guitars #2』、ローラ・ギブソン『If You Come To Greet Me』など数多くの名盤を生んだレコーディング・スタジオ、タイプ・ファウンドリー。もちろん本作もその名盤のうちの一枚で、CDリリース時に33枚だけ限定プレスされたアナログ盤がコレクションできました。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...