Information

2019-10-07 00:01:00

カフェトラモナ10月のおすすめです。

  

上左:Martin Simpson / Rooted(2019)

英国を代表するフォークシンガー/ギタリスト、マーティン・シンプソンの最新作。60年代後半に多大な影響を受けたヘディ・ウェストの〈Queen Jane〉〈Joe Bowers〉の2曲、77年から88年まで一緒に仕事をしていたジューン・テイバーのレパートリーからシェル・シルヴァスタインの〈Hills of Shiloh〉、義父ロイ・ベイリーの晩年、ジョン・カークパトリックと3人で作った名作『Sit Down & Sing』から〈More Than Enough〉など、タイトルのとおり自身の音楽人生を振り返るような選曲です。

 

上右:Will Beeley ‎/ Heartattacks & Highways(2019)

1971年に200枚だけ自主制作した『Gallivantin』がメガレアなテキサスのSSW、ウィル・ビーリーの最新作。プロデュースはラリー・ジョン・ウィルソンの最後のアルバムをジェブ・ロイ・ニコルズと共同制作したジェリー・デイヴィッド・デシッカ。抑制の効いたラップ・スティールやアコーディオンが酒と煙草で嗄れた歌声をよくサポートしています。79年の2ndリリース後、家族を養うためにトラック・ドライバーの道を選んだ男の40年ぶりの3rdアルバムはタウンズ・ヴァン・ザントの『Townes Van Zandt』やガイ・クラークの『Old No.1』に比肩する傑作です。

  

下左:Jerry David DeCicca / Time the Teacher(2018)

先のジェリー・デイヴィッド・デシッカの2ndソロ・アルバム。旧友ジェブ・ロイ・ニコルズとノスタルジア77のベン・ラムディンが制作に携わり、デモ・テープを聴いたジェブ・ロイは真っ先にビリー・ホリデイとアビー・リンカーンを想いうかべ、アコギを抱えたSSWアルバムは作りたくなかったそうです。ギターをピアノに置き変えて、ジャージーかつソウルフル、それでいて内省的なアルバムを作り上げました。デシッカの3枚のアルバムのなかで抜きんでているのは云うまでもありません。

 

下右:The Down Hill Strugglers / Lone Prairie(2017)

ダウン・ヒル・ストラグラーズはウォーカー・シェパード、ジャクソン・リンチ、エリ・スミスの3人からなる若手ストリング・バンド。現在ブルックリンを中心に活躍し、先ごろ亡くなったニュー・ロスト・シティ・ランブラーズのジョン・コーエンと映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』のサントラ盤にも参加していたのでお聴きの方もいらっしゃるかも。本作は2017年にリリースされた最新作で、フォーク・クラブの中央に2本のマイクを立て、ナグラ社のモノラル録音機で録ったとのこと。マイクに近寄ったり、マイクから離れたりしてサウンド・レベルの調整を図ったという彼らの歌と演奏はまるでハリー・スミスの『アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュージック』から抜け出て来たようです。

  

ご来店の際にリクエストしてください。

 

IMG_20191004_181032.jpg IMG_20191004_180923.jpg

 

IMG_20191004_180813.jpg IMG_20191004_180837.jpg