Information

2019-07-03 12:12:00

カフェトラモナ7月のおすすめです。

 

上左:Kate Rusby / Philosophers, Poems & Kings(2019)

ケイト・ラスビーの通算17枚目。ひとえに〈Crazy Man Michael〉が聴きたかったこととピンクのアナログ盤に魅かれたのが久々のコレクションの要因です。現夫Damien O'Kaneの音作りはイマドキですが、ケイトの歌声は不変です。幾分速めにアレンジされた〈Crazy Man Michael〉とオアシスの〈Don't Go Away〉が続くSide Bにどうしても針を落としがちです。

 

上右:Various Artists / Vision & Revision - The First 80 Years of Topic Records(2019)

英国のフォーク・レーベル、トピック・レコーズの80周年を記念して編まれたコンピレーションです。マーティン・シンプソン、リチャード・トンプソン、ペギー・シーガー、ジョン・スミス、サム・リー、マーティン・カーシー、オリヴィア・チェイニー、ライザ・オニール、オールダム・ティンカーズなど新旧のリヴァイヴァリストが、この企画のためにトピックの広大なバックカタログから1曲ずつ選んで再演するという素晴らしいアルバムです。全20曲、20の感動が含まれています。

 

下左:Alialujah Choir / Big Picture Show(2015)

先月ご紹介したマーサ・スキャンランのアルバムが録音されたタイプ・ファンドリー・スタジオのオーナー、アダム・セルツァーが所属するアリアルーヤ・クワイアの2ndアルバム。アリアルーヤ・クワイアは元ノーフォーク&ウェスタンのアダム・セルツァーに元ウェインランドのアダム・シアラーとアリア・ファーラが加わったオレゴン州ポートランドの3人組で、息の合ったコーラス・ワークが魅力的なトラモナ一押しのバンドです。1枚目の傑作『Alialujah Choir』と併せてお聴きください。

 

下右:Jimbo Mathus / Incinerator(2019)

昨年久々にスクウィーレル・ナット・ジッパーズを復活させたジンボ・マサスの最新ソロ・アルバム。今回はプロデュースをブロンソン・テューとマット・パットンに任せ、自身ではお得意のギターも弾かずピアノとヴォーカルに徹しています。タイトル曲の〈Incinerator〉や元SNZのアンドリュー・バードの参加した〈Really Hurt Someone〉などバラード曲が際立ち、特にリリー・ハイアットとデュエットした〈Sunken Road〉は秀逸です。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

 

IMG_20190701_110254.jpg IMG_20190701_110821.jpg

 

IMG_20190701_110640.jpg IMG_20190701_110547.jpg