Vinyl and so on

arrival
2018-10-23 14:58:16
Bob Dylan / Triplicate Luther Russell / The Sound of Rock and Roll
IMG_20181023_144622.jpg

買おう買おうと思っていてもなかなか手の出せなかったディランの『Triplicate』、来店したルーサー・ラッセルに背中を押されやっと購入しました。なんでもDisc 3に収録されている「Sentimental Journey」の歌詞はルーサーの大おじさん、バッド・グリーンが書いたとのこと。ジェイコブ・ディランに「おまえの大おじさんの曲を俺の親父が歌ってるぜ」って教えられたらしいです。「Triplicate、無いの?」って聞かれて無かったものですから......。後日ラカーニャで買ったことを伝えたら恐縮してました。それにしてもディランって、歌上手いですよね。右側の7インチはルーサーの新譜です。

 

IMG_20181018_175500.jpg

2018-10-22 11:44:46
朝野由彦 / 星と月のランデブー (2018)
IMG_20181022_105618.jpg

Liveをやっていただく朝野由彦さんの新譜です。朝野さんの歌声とすぎの暢さんのLap SteelのコンビネーションはJackson Browne & David Lindleyを、はたまた加川良with村上律を髣髴させます。あの名曲「呼び声が訪れるまで」も収録。傑作です。

2018-10-22 12:50:59
Clay Riness Dave Peabody Uncle Walt's Band
IMG_20181022_104648.jpg

旧知のYさんから開店祝いにいただきました。

上:Clay Riness / Rollin' In My Changes (1983) ウィスコンシン州出身のSSWの1st。こんな素晴らしいSSW、知りませんでした。

下:Keep It Clean (1974), Matchbox Records ヴィレッジ・シングからリリースされたソロ1st『Peabody Hotel』に続く2枚目。長い間探し求めていたものです。

右:Uncle Walt's Band / Live at the Waterloo Ice House (1982) 盤質をおいても素晴らしい内容でした。

Yさん、ありがとうございました。

2018-07-06 14:09:16
Olivia Chaney / Shelter (2018)
IMG_20180706_123739.jpg

Offa RexのThe Queen of Heartsで気を吐いたオリヴィア・チェイニーの新譜。今回は自身のピアノやギターを中心としたシンプルな編成による録音で、その硬質かつ静謐な歌声はブラックホークの空間に聴く者を誘います。

2018-07-06 12:08:45
Bear / Greeting,Children of Paradice Tom Jans / 1st Even Dozen Jug Band / Jug Band Songs of The Sout
IMG_20180706_092951.jpg

高校の友人、T君が古いレコードを持って来てくれました。30年ぶりの再会です。高校時代にはよく日比谷野音に行ったものです。

エリック・カズ、アーティ・トラウム、スティーブ・ソールズのベアー、トム・ヤンスの1st、イーヴン・ダズン・ジャグ・バンドのリイシュー盤。T君、ありがとう。大切にかけさせてもらいます。

1 2 3 4 5 6 7 8