Photo

vinyl
2018-11-13 17:29:26
Lica / 「Easy」「Heavn」 伊藤ゴロー / ゲッツ/ジルベルト+50 E.P.

11月3日の“レコードの日”にリリースされた7inchアナログ盤、2枚です。
左:ブラジル音楽ユニット「Bophana」のヴォーカリスト、Lica (山田りか)によるR&Bカヴァー・シングル。Bophana同様たおやかな歌声に癒されます。
右:録音50周年を記念して2013年にリリースされたトリビュート盤『ゲッツ/ジルベルト+50』から「イパネマの娘」と「ヴィヴォ・ソニャンド」をカップリング。naomi & goroの伊藤ゴローがプロデュースをし、「イパネマの娘」では土岐麻子が、「ヴィヴォ・ソニャンド」では原田知世がヴォーカルでフィーチャーされています。そして「イパネマの娘」はテナー・サックスに菊地成孔が、ピアノに山下洋輔が参加の豪華布陣です。さらにアルバムでは「プラ・マシュカール・メウ・コラソン」を細野晴臣が歌っています。

2018-11-06 14:59:27
取り敢えずアナログ盤が届きました。

ボツにされたブラッド・オン・ザ・トラックスのニューヨーク・セッションを、当初発売予定していた内容に近いかたちに復元したアルバム。
全曲、ソロ若しくはTony Brownのベースのみで歌われたアコースティック・アルバムで、必要最小限にそぎ落とされた歌声がストレートに響きます。
ブートレッグ・シリーズの枠を越え、単なる「記録」でなく、一つの「作品」であり、もう一つの傑作です。当時、ブラッド・オン・ザ・トラックスがこのかたちでリリースされていたらブラックホークの99枚は異なっていたことでしょう。

2018-11-02 12:49:50
佐久間順平 / 生かせいのち

22回目の中川フォークジャンボリーのゲストは佐久間順平さんでした。その順平さんの今年の初めにリリースされた新譜です。順平さんの音楽はいつもスタンダード・ナンバーのような品格を感じさせ、聴くものをホッとさせてくれます。偶然にもカヴァーアートは今回も菅野カズシゲさんです。

 

IMG_20181102_111022.jpg

 

林亭の名盤『夜だからは』は、1973年に200枚自主制作し、シリアルNo.1とNo.200の2枚を手元に残し、すべて売り切ったそうです。ちなみにトラモナのコレクションはNo.110です。

 

IMG_20181101_200755.jpg

2018-10-24 13:17:07
スチョリ / Sucholi Feat. Yasuda Tetsuya (10th Anniversary Eddition)

「なにしろ声がいい」んです。ライナーの安宅さんがおっしゃるように。
ラリーパパ&カーネギーママのスチョリのソロデビューアルバム、発売10周年を記念したリマスター盤です。先日お邪魔した羽村市のハコノカフェさんでかかっていたので即購入しました。『ムーン・カントリー』同様スチョリさんの歌声にはホント癒されるので何回も聴いてしまいます。菅野さんのイラストも素敵です。

 

IMG_20181024_100948.jpg

 

IMG_20181024_103527.jpg

2018-10-23 14:58:16
Bob Dylan / Triplicate Luther Russell / The Sound of Rock and Roll

買おう買おうと思っていてもなかなか手の出せなかったディランの『Triplicate』、来店したルーサー・ラッセルに背中を押されやっと購入しました。なんでもDisc 3に収録されている「Sentimental Journey」の歌詞はルーサーの大おじさん、バッド・グリーンが書いたとのこと。ジェイコブ・ディランに「おまえの大おじさんの曲を俺の親父が歌ってるぜ」って教えられたらしいです。「Triplicate、無いの?」って聞かれて無かったものですから......。後日ラカーニャで買ったことを伝えたら恐縮してました。それにしてもディランって、歌上手いですよね。右側の7インチはルーサーの新譜です。

 

IMG_20181018_175500.jpg

1 2 3 4