Vinyl and so on

arrival
2020-06-21 15:14:00
『George Sansome』『Wheels of the World』『Outway Songster』
IMG_20200612_125906.jpg

数年前その風貌と本格的なトラッド・シンギングのギャップに驚かされたシンガー兼メローディオン奏者にコーエン・ブライスワイト・キルコインがいますが、そのコーエンが在籍するイングランドのトラッド・トリオ、グラニーズ・アティックの昨年出た最新作とコーエンとリード・ヴォーカルを分け合うもう一人のシンガー、ジョージ・サンサムの初ソロ作が到着しました。

 

Granny's Attic / Wheels of the World(2019)

IMG_20200612_125530.jpg

グラニーズ・アティックはコーエン・ブライスワイト・キルコイン(歌・メローディオン・コンセルティーナ)、ジョージ・サンサム(歌・ギター)、ルイス・ウッド(フィドル)からなるウスターの3人組。既に自主制作のEP『Mind the Gap』(2011) とフル・アルバム『Better Weather』(2014) 、ワイルドグースからリリースされた『Off the Land』(2016) があり、本作は3枚目のフル・アルバムです。

 

全10曲中、3曲あるインストのうち1曲がルイスのオリジナルの他はすべてトラッド。3曲ずつコーエンとジョージがリード・ヴォーカルを分け合い、タイトル曲の〈Wheels of the World〉は二人で交互に唄っています。プロデュースはショーン・レイクマン、スペシャルサンクスにはレイクマン兄弟やキャサリン・ロバーツの他にピート・コー、ミック・ライアン、ニック・ドウの名前が並んでいます。

 

George Sansome / George Sansome(2020)

IMG_20200612_125458.jpg

もう一人のシンガー、ジョージ・サンサムの初めてのソロ・アルバム。ニック・ジョーンズやイアン・ジャイルズなど同時代の先輩シンガーはもとよりボブ・ハートやジャック・ノリスなどトラディストたちの歌声もお手本にする研究熱心さは頼もしい限り。溌溂とした伸びやかな歌声がクロウズのミック・ライアンを想わせます。プロデュースは売り出し中のベン・ウォーカー。もちろん全曲トラッドでギターの弾き語り。1曲だけダブル・ベースで参加しているトム・ベイリーはトンプソン・ツインズのトムでしょうか。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

2020-04-12 13:37:26
Matthews Southern Comfort ‎/ Bits And Pieces(2018)
IMG_20200411_103451.jpg

移住先のアムステルダムで再編した、イアン・マシューズ以外はすべてオランダ人のマシューズ・サザン・コンフォート。既に新作『New Mine』がリリースされていますが、これは前作の『Like A Radio』からカットされた10インチ・シングルです。

 

A面の〈Bits And Pieces〉と〈The Thought Police〉がアルバム『Like A Radio』からで、前者はプレインソング名義でリリースされたEP『A To B』に収録されていた〈A Fool For You〉をリライトしたもの、後者は2010年の再結成のときから参加しているバート・ヤン・バートマンズとの共作。

 

B面は〈Woodstock〉のブラッドリー・コップによるリミックス・ヴァージョンと1970年にオランダでラジオ用にレコーディングされた〈I Believe In You〉で、もちろん〈Woodstock〉は当時全英1位を獲得したマシューズの代表曲。79年6月の来日の折、前年の『Stealin' Home』がヒットし、AOR路線を歩み始めたマシューズが古いファンへの唯一のサービスと云わんばかりにコンサート冒頭にアカペラで唄ったのが思い起されます。

 

IMG_20200411_103847.jpg IMG_20200411_104428.jpg

2020-03-28 13:55:00
Fatboy Wilson & Old Viejo Bones / Fatboy Wilson & Old Viejo Bones(2019)
IMG_20200328_134904.jpg

先のノラ・ブラウンに続くJalopy Recordsの第8弾はCDのみのリリース。Fatboy Wilson & Old Viejo Bonesは、昨年10月にJalopy Traveling Folk Festivalのツアーで日本にやって来たFour o'Clock Flowersのサモア・ウィルソンとBrotherhood of the Jugband Bluesのアーネスト・ゴメスが組んだ新しいプロジェクトです。

 

アーネストのギターとハーモニカをバックにサモアが唄うと云うコンセプトはフォー・オクロック・フラワーズと同様ですが、今回は12曲中サモアが4曲、アーネストが1曲オリジナルを書いています。またカヴァー曲もメンフィス・ミニー、カーター・ファミリー、スリーピー・ジョン・エステス、ファッツ・ウォーラーなどお馴染みの布陣のなか、ナイジェリアはジュジュ・ミュージックのイノヴェイター、プリンス・アデクンレを取り上げているのが興味深いところです。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

2020-02-24 13:59:18
『Gold Has Worn Away』『Fortyfived』『Daisywheel』
IMG_20200222_151842.jpg

いつも良質なフォーク・ミュージックを届けてくれる大分のCDショップ、タムボリンさんからオーダーしていたCDが届きました。どれも素晴らしいのでご紹介します。

 

Benji Kirkpatrick & The Excess / Gold Has Worn Away(2019)

IMG_20200222_151318.jpg

ベンジー・カークパトリックはイングランドのフォーク・レジェンド、ジョン・カークパトリックとスー・ハリス夫妻の息子さん。FaustusやBellowheadでブズーキ奏者として活躍し、最近ではスティーライ・スパンの最新作にも参加しています。本作はソロ6作目ですが、ドラムとベースを伴ったギター・トリオならぬブズーキ・トリオ編成。前作がジミヘンのカヴァー集であったことからの必然かもしれません。エネルギッシュで溌溂としたフォーク・ロックを聴かせます。

 

The Old Swan Band / Fortyfived(2019)

IMG_20200222_151225.jpg

イングランドのカントリー・ダンス・バンドの老舗中の老舗、オールド・スワン・バンドの結成45周年を記念するアルバムです。デビュー作『No Reels』以来、一貫して田舎のダンス・ミュージック(それもイングランドの)を演奏し続けるOSB。80年代の初めにロッド・ストラドリングのメローディオン主導の編成からポール・バージェスやファイ・フレイザーのフィドルを中心としたスタイルに変化してきましたが、ブレの無いスタンスは 天晴!!! としか云いようがありません。本作でもマテリアルを広くスカンジナビア、ケベック、ドイツなどに求めても、奏でられるのは何処までもイングランドなのです。

 

Ruth Hazleton / Daisywheel(2019)

IMG_20200222_151302.jpg

オーストラリアの女性フォーク・デュオ、Kate Burke & Ruth Hazletonのルースのソロ・アルバム。もう一人のケイトは既にフォーク・ミュージシャンのルーク・プラムと素晴らしいデュエット・アルバム『Luke Plumb & Kate Burke』をリリースしていますが、本作はそのルークのプロデュース。彼女たちの魅力のうちの一つにその磨かれた選曲センスがありますが、今回もニック・ジョーンズが唄った〈Ten Thousand Miles〉やカレン・ダルトンが唄った〈Same Old Man〉などが聴きどころでしょう。もちろんカリン・ポルワートを想わせるルースの奥行きのある歌声も魅力です。 

 

ご来店の際にリクエストしてください。

2020-02-22 10:38:47
『The Only Ones』『Fatal Flower Garden EP』『The Wren, The Wren』
IMG_20200222_101317.jpg

The Milk Carton Kids / The Only Ones(2019)

IMG_20200221_131305.jpg

10インチアナログ盤でリリースされたミルク・カートン・キッズの最新作。2018年の『All The Things That I Did And All The Things That I Didn't Do』は初めてドラムやベースを伴ったバンド編成の録音でしたが、今回は初心に戻って二人の歌声を支えるのはケネスの1954年製マーチンO-15とジョーイの1951年製ギブソンJ45のみ。アンネ・フランクの日記について唄った〈My Name Is Ana〉が沁みます。 

 

Sam Amidon / Fatal Flower Garden EP (A Tribute To Harry Smith)(2019)

IMG_20200221_131246.jpg

サム・アミドンの最新作はハリー・スミスへのトリビュートEP。表題曲の〈Fatal Flower Garden〉は元々は広くヨーロッパに分布するチャイルド・バラッドで、『アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュージック』ではネルストーンズ・ハワイアンズが唄っていました。この他ミシシッピ・ジョン・ハートの〈Spike Driver Blues〉、バスコム・ラマー・ランスフォードの〈Dry Bones〉、J・P・ネスターの〈Train On The Island〉が取り上げられていますが、アンソロジーとの聴き較べは必須でしょう。

 

Lisa O'Neill / The Wren, The Wren(2019)

IMG_20200221_131208.jpg

かつてブリテン各地の農村ではトゥエルフス・デイの夜、死んだミソサザイ(Wren)を王様のように花輪で飾り立て、家々を巡って1年の幸福を願うという風習が行われていました。その時戸口で交わされたセリフがスティーライの2ndのタイトルになった『プリーズ・トゥ・シー・ザ・キング』だそうです。で、ライザ・オニールの新作はこの風習をヒントに作った自作曲〈John-Joe Reilly〉とトラッドの〈The Wren, The Wren〉をカップリングしたシングル盤です。ジャケットの写真はアイルランドはリムリック州のレン・ボーイズ。トゥエルフス・デイのこの風習を切り回します。

 

ご来店の際にリクエストしてください。

1 2 3 4 5 6 7 8