Information

2018-06-18 22:22:00

よしだよしこさんと安宅浩司さんのジョイントLiveが決まりました。
8月4日(土)16時スタートです。

よしだよしこさんは、70年代の半ば、ピピ&コットのメンバーとして、ソロシンガーとして、はたまた故佐藤公彦(ケメ)さんのギタリストとして活躍されていましたが、単身渡米後、音楽活動を休止してしまいました。21世紀に入って再び歌い始め、ギターとダルシマーを携え、日本各地を歌い巡っています。

アメリカ公民権運動の母と呼ばれたローザ・パークスについて唄った「She said NO!」 や東日本大震災についての真摯な眼差しが胸を打つ「高野君の焼き鳥屋」など名曲は数え切れませんが、外国曲を日本語詞で唄った作品もカフェトラモナにとって大切な「よしだよしこ」です。特にザ・バンドのThe Night They Drove Old Dixie Downを日本語詞で唄った「崩れ落ちるものを感じるかい?」はカフェトラモナのフェイバリットです。

安宅浩司さんは、既に2枚のフルアルバムをリリース、高田渡のトリビュート・アルバムにも参加しているSSWで、ギターの他にペダルスティール、ドブロ、バンジョー、マンドリンなどマルチ弦楽器奏者としても数多くのライブやレコーディングで活躍されています。
安宅さんはよしださんの新譜『今日一人の友だちを見送って』にも参加していて、若手ミュージシャンの中でも厚い信頼が寄せられています。今回の共演ライブもよしださんからのご指名により実現した次第です。

それぞれのソロ・パートはもちろんのこと、お二人の共演も期待できると思います。実はお二人には共通したカヴァー曲があり、それは加川良の名曲「ラブソング」で、よしだよしこ&安宅浩司による「ラブソング」はカフェトラモナの期待するところです。
そしてショートカットのよしこさん、とても素敵です。


よしだよしこさんのサイトはこちら
安宅浩司さんのサイトはこちら